« 私の環境・・・ | トップページ | 秋葉原にて・・・ »

2008年6月10日 (火)

怒りとは・・・

この話題について、昨日書こうと思ったが、果たせなかった。パソコンの状態が不安定で、

ネットに接続するのもやっとだったからだ。しかし、昨日書かなくて良かったと今は思う。

怒りにまかせて殴り書くだけだったと思う。これは、神様が「今は書くな」と止めてくれたからに

違いない。

本題に入ろう。「怒り」とは、昨日発生した、例の「秋葉原通り魔事件」に対してである。

まず、お亡くなりになった方々のご冥福と、怪我をされた方々の早期のご快復を心から

お祈り申し上げる。

私もあの場所はよく訪れ、今週末にも行く予定であるだけに、非常に衝撃を受けた。

何の落ち度もない人たちが車にはねられた上に刺殺されるという、まさに「この世の地獄」。

犯人の「何もかもいやになった。誰でもよかった」という「動機」。本当に怒りがこみ上げてくる。

最近、このような事件が非常に多い。以前新聞に載った専門家の分析によれば、「間接自殺」と

言うそうだ。自分で死ぬ(自殺する)のが怖いので、人の命を奪うことで、自分が死んだ気になり、

また最終的には死刑になって、人に「殺してもらいたい」と願うことらしい。非常に迷惑な話だが、

本人の中で完結してしまっているので、たちが悪い。他人がとやかく説いたとしても、まず受け付けない

だろう。

しかし、犯人のこうした「訳の分からない怒り」は一体どこから来るのだろう。初めに断っておくが、

決して犯人に同情や共感を覚えているわけではない。人生に絶望したとしても死ぬのが怖いのなら、

失踪してしまえばいい。他人を巻き込むな、と声を大にして言いたい。

ただ、自分も常々「怒り」という感情をどう「発露」したら良いのか分からなくて、悩んでいる。

なぜこうなってしまったのか分からないが、「KY」(大嫌いな言葉)に象徴される、過剰に

「均一化」「均質化」を求められる世の中では、「怒り」という感情は、「負」の感情ということに

なってしまう。

人間だって「動物」である。「攻撃性」は誰にだってある。そうでなければ、「欲」は生まれないし、

「欲」の無い人生は、まさに「生ける屍」でしかない。それを端的に感情に表したものが「怒り」だ

と思うが、それを発露したり昇華できる機会を奪われ、みんなそれを内に秘めたまま、悶々として

生活をしている。そして突然「キレる」。「喜怒哀楽」を自由に発露できない社会は、非常に不幸だと

思う。

既に、論理が破綻してしまっているのを承知で、もうひとつの「怒り」について。TVニュースなどによれば、

犯人は「おとなしくて無口で、人付き合いが苦手で、キレると怖い」そうだ。この紋切り型の「犯人像」は

一体いつから生まれたものだろう。

まず、「キレると怖い」というのは、当たり前である。「キレる」ほど怒りを表現しているのに、怖くない人は

いない(穏やかな顔をしていたとしても目が笑っていなければ、もっと怖い)。ただ、それを抜きにしたと

しても、こうした「人物像」に当てはまらない、という人は、今の世の中少ないのではないか。

先ほど述べたように、「均一化」「均質化」を強いられる世の中では、「喜怒哀楽」を表現できる機会が

少ない。余計な摩擦を避けるために、どうしたって、「無口でおとなしく」なってしまうのではないか。

そうすると世の中の人がみんな、「犯罪予備軍」ということになってしまう。

そういうTVの紋切り型の表現は、すぐに伝播して人々の潜在意識に残り、どんな事件であっても

インタビューを受けた側はこういう表現しかしなくなってしまう。それが繰り返されると、もうそういう

「犯人像」しか描けなくなってしまう。TVなどのマスメディアの怖いところである。こうした「情報」は

すでに「情報」ではなく、報道する価値がない。

それと、「秋葉原」に代表される「サブカルチャー」に対する紋切り型の表現。確かに眉をひそめる

行動があるのは認めるし、私も「おたく」の部類に入るので擁護しがちであることも認める。ただ、

今朝の某TV局の「コメンテーター」とかいう人種のコメントには、非常に腹が立った。

正確には覚えていないが、「秋葉原は、人々が普段の悶々とした生活を一時忘れるために、刹那的な

楽しみを求める街。それを同じように悶々とした生活を送っている犯人が襲ったというのは、象徴的だ。」

というようなこと。犯人と被害に遭われた方を同一視している。こんなに失礼千万な話はない。

世の「ストレス発散」と言われているものは、おしなべて「刹那的」なものではないのか。カラオケ、酒、

ブランド品の買いあさりに始まり、パチンコ、競馬などの公営ギャンブルなどなど。基本的には本人の

中で完結すれば問題がないはずで、それは「サブカルチャー」についても同じはずである。借金する

危険性が少ないだけ、ギャンブル狂いよりは「健全」だと思うのだが。

私が考える「ストレス発散」で絶対に行ってはいけないと思うのは、某ねずみが支配する遊園地である。

そこは「現実世界を一時忘れるため」、徹底的に現実を排除した、マニュアル化された「セカイ」である。

毎週のように来るという家族というものがあるらしいが、子どもの本当の情操教育には逆効果だ。

私にとっては、こちらの方が「不健全」極まりないと思う。

自分も「評論家」になってしまっているし、うだうだになってしまったが、最後に。「怒り」がわいて

くるのを誰のせいにするのでもなく、自分の中で昇華できる対象を見つけた人が、本当の「大人」

なのかもしれない。それを見つけられず、剣の矛先を、全く関係のない人や、より弱い立場に向けざるを

得なくなってしまう世の中は本当に不幸である。ただ、人を絶対に殺すな!

« 私の環境・・・ | トップページ | 秋葉原にて・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/41486760

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りとは・・・:

« 私の環境・・・ | トップページ | 秋葉原にて・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック