« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

なんだかなあ・・・みたび・・・

本当はほかに書きたいこともあったのだが、あまりに「なんだかなあ」なので、触れざるを得なくなってしまった。あまりに強い「主義主張」は、自分の考え方の浅はかさと、絶対的な裏付けや経験の薄さから、このブログでは極力しないようにしているのだが、今回のことはあまりに「分かりやすい」ので、短く書こうと思う。

昨夜あたりから騒がれ始め、今朝の新聞にはまだ憶測であるはずなのに一面トップに載り(これも変だとは思う)、果たして先ほど発表された、ローゼン新内閣の国交相辞任のことである。

出来レースだった自民党総裁選に勝利し、ローゼン内閣は今週発足したばかりであるが、その首相就任会見兼新閣僚名簿発表を、私はたまたま見ていた。慣例では、閣僚名簿は新官房長官が発表するのであるが、今回は首相自ら行った。また、一人一人の名前を読み上げる合間に、各々の新大臣のミッションや彼らに期待することなどを差し挟んでいた。私は別にローゼン新首相や自民党の支持者であるわけではないが、このスタイルに、不覚にも結構感動を覚えていたのである。そして、直後の会見を見て、政策にあやふやな点はあるものの、割りととしっかりとした受け答えに「結構やるなあ(やるのではないか)」と思ったりしてしまったのである。・・・この点、私もダメダメであるのだが。

しかし一週間も経たない内に、新国土交通大臣は、「前」国土交通大臣になってしまった。彼の主義主張の真偽のほどは、「日本は単一民族国家」という明らかな間違い以外は分からないし、ここでは触れない。ただ、決定的に「自己矛盾」を起こしているのは、「戦後民主主義教育が悪」で、「利己主義」に結びついているというような主張だ。

まあマスコミも、テクストを無視し、別々なところでしたいろいろな発言をコラージュして、都合の良いような解釈を行っている面は否めないし、我々もその報道をそのまま受け取ってしまいがちである。また、極端な「利己主義」が、特に「社会道徳」(あのね、そもそもこれは学校で教えるモノではないんだよ)や、最近の「事故米事件」のような「儲けられれば何をしても良い主義」といった面で軋轢を生んでいることは無いとは言えない。

ただ、その彼が憎むべき「戦後民主主義教育」のいちばんの「享受者」は、彼の世代自身であったことを、彼自身が忘れてしまっている。彼は今65歳で、昭和18(1943)年の生まれ。彼が小学校に入学した時代は、既に現憲法が公布され、戦前教育の反省の上に立った「戦後民主主義教育」が始まったばかりの頃である。

また、彼は1966(昭和41)年に東大を卒業したそうで、「東大紛争」(68年)には遭遇していないものの、その当時のキャンパスは、「学生自治」の旗の下、かなり自由闊達な雰囲気だったはずである。そうでなくても、当時「大学」に通えただけでも相当恵まれていたと言うしかない。

戦争前夜・戦中は表現・結社などの「自由」がことごとく制限されていて、多分、今回のような「教育の悪」を説くようなことは望むべくもなかったはず。「戦後民主主義教育」の享受者である彼自身が、誰が傷つくかも分からないのに、自分自身の主義主張のためだけに「利己主義」的な放言ができる。良い時代に生まれましたね、「前」大臣。

【おまけ】

小泉元首相が引退するというニュースもあった。「自民党をぶっ壊す」「古い政治をぶっ壊す」みたいなことを言っておきながら、ちゃっかり息子を後継者にするという「古い政治」をしている。結局あなたも「利己主義」で、「日本」をぶっ壊しただけでしたね。

2008年9月21日 (日)

オンリーイベント・・・

もう9月も終盤に入った。「秋来ぬと目にはさやかに見えねども・・・」というが、朝夕が非常に過ごしやすくなってきて、文字通り「驚か」されている。

ただでさえ「ものぐさ」なブログが、このところますますその度合いを深めている。それでもどこからか、こんな駄文を読みに来て下さる方が(しかも定期的に)いるようで、非常に申し訳ない。しかもこれから書こうとしていることは、1週間も前の話である。

先週の日曜日、友人と、とあるアニメのオンリーイベントに出かけた。その作品は、第1シリーズ・第2シリーズ合わせて2年間放映され、終了したのは昨年の3月。しかし、「大きなお友達」(本来のお友達に、では残念ながらあまりなく)には根強い人気があり、続編を望む声がかなりある。

同行しておきながら非常に申し訳ないことに、私自身はその作品をあまり見ていなかった。しかし、それでも行ったのは、もう6年半(!)も前に終了した作品「コメットさん☆」の時に知り合うことの出来た人たちの多くがその作品を見ていて(同行させてもらった友人もその一人)、その人たちとお会いしたかったからである。

今回は、その人たちの何人かがイベントの運営に直接かかわっていて、毎年春に「お花見」と称して鎌倉に集まるオフ会の時とは全く別の、溌剌とした、また時には厳しい表情で取り組んでいるのを見ることが出来た。月並みな表現になってしまうことが、かえってかなり失礼に当たるとは思いつつも、1年以上前からの準備、そして当日の運営、後片付けに至るまでの大変なご苦労に、改めて頭の下がる思いであるのと同時に、その企画力と実行力に尊敬の念を覚える。もちろん一般参加の中にも、幾人かの「常連」さんにお会いできた。

「オンリー」には、この作品を含め、過去にいくつか行ったことがあるが(しかもなぜか「コメットさん☆」を除いて監督がみな同じ)、他の一般的な即売会に比べ、雰囲気が非常に和やかな感じがする。それは当たり前のことではあるが、会場に集う人たちがみな同じ作品が好きで目的が同じであることと、同じ作品が好きであるからこそ、考え方や嗜好に近いものを感じるからなのかもしれない。ただ、それを「幻想」と切り捨てる向きもあるし、実際にはそうかもしれないが、ひと時でもその「空気」を共有できることは素晴らしいと思う。

ただ今回はそれ程感じなかったが、このところ、イベント参加者の年齢構成が確実に低くなってきていることを実感している。今回であっても、6年半も前から知り合いであるからこそあまり感じることが無かっただけで、実際はその頃から私は「年長」の部類だった。時間が流れるから当たり前と言えば当たり前だが、1年半前の、同じ監督の作品のオンリーに一人で行ったときは、あまりに年齢が私とはかけ離れている人たちが多くて、愕然としたものだった。

今はまだ「独身」だが、このままでいられるとは思いにくい。たとえ運良く「家族」が持てたとしたら、なおさらだ。しかしこの年になって、ようやく楽しい(かなり歪んではいるが)と思えることや、会って楽しいと思える人たちができたのも事実で、それは素直に喜んでよいと思うし、感謝すべきことだと思っている。

2008年9月 2日 (火)

なんだかなあ・・・ふたたび・・・

9月に入ってしまった。結局、8月はたった1回の更新で終わってしまった。私自身が「なんだかなあ」ですが、このところまた「なんだかなあ」なことが多いので、前回の続きをば。

なんだかなあその1

オリンピック。彼の国のいろいろな「虚飾」が、隠そうとすればするほど露呈した大会だったようだ。開会式の口パクや花火のCGは可愛いもの。異様な応援、認められなかったデモなど、怖いものを感じる。それより何より、オリンピック特需による「好景気」も「ウソ」なのかもしれぬ。

ただ、外国のメディアが入ったことにより、隠しきれなくなっているのも事実で、意外とこういうところから「ほころび」始めるのかもしれない。今の「好景気」がはじけたとき、今の体制の「終わりが始まる」ように思う。

なんだかなあその2

そのオリンピックでの日本選手団のていたらく。特に野球は最悪で、私の義弟も言っていたが、ああいう大会にはプロ選手を出すこと自体、間違っている。商業主義がはびこるようになって、プロ選手が堂々と出場できるようになったことの弊害の一つではあるが、本当に強いチームを作るのであれば、社会人や学生を集めて、徹底的に練習させて出場させた方が、どんなにか良かった。日本の野球のレベルは、アマでもかなり高いはずである。また、いろんなところでささやかれていることではあるが、首脳陣が「仲良し3人組」であったことが、そもそもの元凶である。ほとんどコーチの経験のない(どこからもお呼びのかからない)田○にコーチを任せること自体、何を考えているのか。

加えて、一向に世代交代の進まない選手団。連続出場は確かにすごいことではあるが、競技全体の底上げとしては、果たしてそれで良いのか。古い世代がずっととどまっていれば、若い世代はやる気を失ってしまうだろう。4年のインターバルは大きい。連続出場の天井は作るべきだと思う。

なんだかなあその3

大相撲の麻薬疑惑。一人の逮捕にとどまらず、とうとう今日、二人に陽性反応が出た。閉鎖的な世界であるが故に、まだまだ見つかっていない力士がいるはずだ。

なんだかなあその4

何と言っても、昨日の福田首相の突然の辞意表明。内閣改造をして、臨時国会の開会時期にもめているうちに、投げ出してしまった。何のための内閣改造だったのか。安倍前首相に続いて、2代続けての「政権放り出し」。会見では、野党との政策協議不調を理由にしていたようだが、野党だけを悪者にする言い分は、子どものケンカと同じだ(まあ、野党のやり方もほめられたものではないが)。ある野党党首が「最後まで他人事内閣だった」と言っていたが、小泉政権の時の官房長官を務めていたときの、良い意味での「ひょうひょうとした」振る舞いが、悪い方向に行ってしまったのが非常に残念だった。

次の総裁は、「ローゼン太郎」か。どのみち近い内に総選挙があるだろう。

・・・ああ、本当に「なんだかなあ」なつぶやきになってしまった。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック