« 今日もだめ・・・ | トップページ | 隠された意味・・・ »

2008年10月22日 (水)

声に出して読みたい「漢字」・・・

今日は幾分気分が良い。先ほど、昨日の記事「今日もだめ・・・」の「嫌いなもの」に追加して、これを書いている。今まで、はっきりと「嫌い!」と言ったことがあまりないので、ある意味、心のバランスを取るためにも良いかもしれぬ。今後気がついたら、適宜追加していくこととしよう。

ところで、「漢字」である。今、文化庁の「文化審議会国語分科会漢字小委員会」という長たらしい名前のところで、現在の「常用漢字表」を見直している最中だという。

今はもうその頃に得た知識がダメになってしまったが、私は小中学生の頃は「漢字」に非常に興味があった。漢字の成り立ちや、その用法の本を読んだり、辞書をめくったりしているだけで、わくわくしたものだった。

現在の「常用漢字表」は1981年(昭和56年)に公布されたもので、私はちょうど中学に上がったばかりの頃だ(年齢がばれる)。「人名用漢字表」の方はこれまで度々改訂されてきたが、社会生活の漢字使用のための「目安」である漢字表の方は、実に25年以上そのままだった、ということになる。

その間には、「日本語ワープロ」の普及と衰退、それに代わる「パソコン」の普及と現在のインターネット全盛時代、といったように、「漢字」をめぐる環境は劇的に変わった。パソコンの性能の向上で、そこに搭載される「辞書」の容量はほぼ無尽蔵となり、手書きの頃には「仮名書き」していたような言葉でも、簡単に漢字に変換できるようになった。その結果、「書けないけれど読める」ということの反面、「書けたけれど書けなくなった」という「弊害」も出てくることに。

「漢字表の改訂」というと「漢字の追加」ばかりが話題に上りがちだが、今日の新聞に、漢字の追加とともに、いくつかの「音訓」が追加される、という興味深い記事があった。

「関わる(かか・わる)」、「速まる(はや・まる)」などは、今まで使えなかったこと自体が不思議だ。「臭い(にお・い)」も「匂い(にお・い)」とともに追加されることになった。今まで「人込み」と書かざるを得なかったのを「人混み」とも書ける。ただ、これまで以上に、「異字同音」「異字同訓」に気をつける必要がある。

「花の臭い」はやはりおかしいし、「期待に答える」は間違い。この場合の「こたえる」は「応える」と書くことができる。でも、「堪える」は認められなかったようだ(今まで通り「た・える」のみ)

私自身は、ある程度の「漢字制限」は必要だと思っている。しかし、このように、新たな「音訓」が認められることで、繊細な日本語の違いを書き分けられるようになることは、非常に嬉しい。私(これも「わたし」の読みが正式に認められるそうだ)の「日本語」は決して「正しい」ものでも「声に出して読みたい」ものでもないが、少しでもその「繊細さ」に近づけるようになりたいと思っている。

« 今日もだめ・・・ | トップページ | 隠された意味・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/42874276

この記事へのトラックバック一覧です: 声に出して読みたい「漢字」・・・:

« 今日もだめ・・・ | トップページ | 隠された意味・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック