« 声に出して読みたい「漢字」・・・ | トップページ | 嫌いなもの総ざらえ・・・ »

2008年10月26日 (日)

隠された意味・・・

少々風邪をひいてしまったようである。早く寝よう。

題名が意味深だが、別に大それたことを書こうとしているわけではない。車の「ナンバープレート」のことである。

走っている(あるいは駐車している)車のナンバープレートを眺めているのが好きだ。幼少のイチロー選手のように、その数字を使って暗算をしているわけではない。そもそも暗算は大の不得手で、しかも動体視力が必要とされるので、こんな器用なマネはできないのである。

では何が好きなのかというと、まず「地域名」である。もちろん、在住地の地名が圧倒的に多いのであるが、長距離トラックのナンバーはもとより、普通の乗用車のナンバーに離れた地域の名前を見かけると、なんとなく嬉しくなる。また、実家の方のナンバーを見かけると、驚きと親しみを感じ、その車のオーナーは、どういうきっかけでこちらへ来ているのだろう、と思ったりする。

その次は本当に「ナンバー」だ。10年前くらいから、地域名の隣の車種分類番号が3桁になったのに合わせて、「希望番号制」が導入された。「1」や「7」などの単独やぞろ目は抽選なのでそれとすぐ分かるが、それ以外の希望番号と思われるものは、だいたいその分類番号の10の位や1の位が大きいので、何となくわかる。その「希望番号」の「意味するもの」は何かをいろいろと想像するのが好きなのである。

分かりやすいのは「西暦」である。2000番台(例えば「20-02」等)であれば最近なので、多分その車を買った年だし、1900番台(特に1950番台以降)だと、オーナーの生年なのだろうと見当がつく。古い車ならば、その車が世に出た年かもしれぬ。

単純に好きな数字を並べたんだろうな、と思われるのは、左右対称になっている数字(「10-01」等)や連番。あとは「語呂あわせ」だ。

「にこにこ」(25-25)や、「いいパパ」(11-88)等はよく見かける例。そんな中で、非常に傑作だなと思ったのが、「32-98」。初めは何のことなのか全く分からなかったが、ある車種のみに見られるので、しばらくしてからあっと気がついた。「ミニ・クーパー」なのである。

人の名前の語呂合わせも多いようで、そういう「語呂」をいろいろと考えるのが、非常に楽しいのだ。配偶者や恋人の名前をつけていた場合、何かあった場合はどうするのかな、と心配になったりするのは邪推だろうか。

« 声に出して読みたい「漢字」・・・ | トップページ | 嫌いなもの総ざらえ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/42915308

この記事へのトラックバック一覧です: 隠された意味・・・:

« 声に出して読みたい「漢字」・・・ | トップページ | 嫌いなもの総ざらえ・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック