« 自分の中にある何か分からないもの・・・ | トップページ | このところの大騒ぎ・・・ »

2008年11月26日 (水)

一時代を築いた車両の引退・・・

昨日も「本格的日帰り出張」だった。私は北関東のさらに「外縁」に住んでいるのだが、昨日の出張先は関西。初めて「復割」の切符を手にしたように思う。

朝、最寄の駅を6時半過ぎに出る在来線特急で東京都に入り、東京駅で「のぞみ」に乗り換え、新大阪から東海道本線の「新快速」に乗り換えて、目的地に12時頃に到着した。そして半日仕事(?)をして、目的地を17時半頃の快速に乗り、新大阪で18時頃の「のぞみ」に乗り換え、東京に20時半。そして在来線特急に21時に飛び乗って、最寄駅に到着したのが22時半過ぎ。タクシーを使って自室に戻ったら23時近くになっていた。

「鉄」の方なら、時刻表をひも解けば、私がどこに住んでいて、どこへ行ったか大体見当はつくだろう。

私にも「鉄分」が含まれているので(主成分とは言えない)、出張とは言え今回、「N700系」や「新快速」に乗れたのは嬉しかった(不謹慎極まりないな)。

「N700系」は、「700系」ですらほとんど乗ったことがない自分(帰省する時は300系「こだま」)ではあるが、本当に「驚く」隙も与えないくらいの乗り心地だった。自分の仕事の関係で、いろいろ「思うところ」もあるが、JR東海とJR西日本が、「現在できうる限りの最高水準の車両」と胸を張るだけのことはある。褒め過ぎではあると思うが、まさに「魔法のじゅうたん」。ふわっと滑るように加速し、最高速度で走っていることを忘れさせてしまう。帰りは「700系」だったが、初めて乗った時に、その乗り心地に非常に感動したが、やはり比べると、格段に「N700系」は進化しているのが分かるのだ。

そして、関西自慢の「新快速」223系。残念ながら乗った区間が非常に短く、複々線の急行線を、緩行線の207系や新鋭321系を追い抜いていくシーンは体験できなかったが、在来線特急並みの120kmで飛ばしていくスピード感は、初体験でもあって感動ものだった。

こうした新鋭車両が次々と生まれて活躍していく中、引退していく車両は数知れない。新幹線でいえば、今月末に「0系」が完全に引退する。あの「団子っ鼻」と呼ばれる、今では「愛嬌」のある顔は、我々の世代では「しんかんせん」の「代名詞」のようなものだ。すでに東海道新幹線では引退して久しいのに、東京駅ではまだ、東北・上越新幹線の「200系」とともに、乗り場のサインとして使われているくらいだ。

それに比べ、最近の新幹線車両は、いろいろ「空力」とか「微気圧波対策」だとは言え、あまり「かっこいい」とは言い難い。「700系」はようやく慣れた。「N700系」はまだまだ。翻って東北・上越の「E4系MAX」に至っては「・・・・」である。

私が「0系」に乗ったのは、就職する前は家族旅行などで年に1度あるかないかくらいで、就職してからは、最寄駅が「こだま」しか停まらないこともあって、20年弱前くらいからだけだ。その後すぐに「100系」に交代し、それも長くは続かず、今は「300系」が主体。その「のぞみ」の先駆者たる「300系」も、すでに廃車が始まっている。カッコよさだけではナンバーワンの「500系」も、一部を除いて短編成化された上で山陽新幹線の「こだま」運用に。なんと移り変わりの激しいことか。

私鉄でも名鉄がいよいよ「7000系パノラマカー」を全廃する。私の地元は愛知なので、感傷がかなりあるのも事実だ。「パノラマカー」は、やはり地元の子供たちの「憧れの的」だった。独特の「ミュージックホーン」の音階は、みんなすぐに真似ることができた。また、ふさがれて、のちに交換されてしまったが、先頭車の「光電管式スピードメーター」(当時はそんな名前すら知らなかった)は、ワクワクしたものだった。

今までも確かに、お世話になった車両たちが次々に引退した時期を経験している。特に名鉄は、ほんの10数年前までは、メカニカルなことはよく分からないが「HL車」とか「AL車」とか、「電車の博物館」と言われるほど、古い車両が新しい車両に混じって活躍していた。しかし、こうした車両たちが引退していった時と、今回の「0系」や「パノラマカー」が引退していくのとは、明らかに「何か」が違う。こんなに「感傷的」になっているのは初めてだし、自分でも驚いているくらいだ。多分、それは子供のころの強い「憧れ」のせいだと思う。

「0系」は確かに「0系が0系を置き換える」といった特異な形で長い期間に渡って製造され、現在活躍中の車両は、もちろん新幹線開業時のことを知らない。でも、この「0系」があったからこそ、日本の鉄道は生きながらえたとも言えるし、また、ヨーロッパなどで鉄道が見直されるきっかけとなった「功労者」だ。「パノラマカー」は、まだ第1次編成が稼働中で、保存も決まったようだ。本当に「お疲れ様でした」と言いたい。

少し話が異なるが、先日の日曜日に友人と東京で遊んだ。私が帰る特急待ちの時間に、駅のCDショップで、蒸気機関車の映像を形式ごとに集めたDVDをサンプルで流していたのを、二人で見ていた。戦後生まれの蒸気機関車の花形であった「C62形式」の映像で、実際に「花形」で活躍できたのは、たったの15年足らずだったということを知り、友人が非常に「ショック」を受けていた(「もののあわれ」のようなものか)のが、忘れられない。

さあ、あすも距離は短いが、時間はかかる出張だ。予想以上に長くなってしまったので、早く寝ることにしよう。

« 自分の中にある何か分からないもの・・・ | トップページ | このところの大騒ぎ・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/43236807

この記事へのトラックバック一覧です: 一時代を築いた車両の引退・・・:

« 自分の中にある何か分からないもの・・・ | トップページ | このところの大騒ぎ・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック