« 「悩み」の先にある「軽み」・・・ | トップページ | クリスマスプレゼント・・・ »

2008年12月21日 (日)

あっという間の一か月・・・

今日は「冬至」だったはずだが、風はあったものの奇妙に暖かい日だった。久しぶりに少しゆったりした気持ちでこれを書いている。

「最後通牒」を突き付けられて、今日で丸一か月。引越しのことで神経の休まる日がなかった。前の週末は、私の職場の先輩二人と、両親まで来て「ゴミ掃除」。自分でもびっくりするくらいの「不用品」となったものの「山」(喩えでも何でもなく)。寮生の一カ月分(いや、それ以上)のゴミがその2日間に出た、といっても過言ではない(威張れる話ではない)。この年になって恥ずかしい話だが、母に大目玉をくらったのは言うまでもない。

本当に「無駄遣い」が多かったことを、改めて感じた。興味がなかったので持っていないが、それなりの車が買えたくらいのお金をドブに捨てたようなものだ(同時に「資源」も)。今後は嫌でも切り詰めた生活をしなければならない。その覚悟が出来ているのか、まだ自分には自信が持てない。

そして、この金曜日に電気、ガス、水道のライフラインが開通し、昨日、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、照明器具といった電化製品をまとめて「お買い上げ」。地元の量販店で全て揃えた。先ほどの先輩が詳しい方で、事前の市場価格調べから価格交渉まで、全てして下さった。ついでに、といっては何だが、レンジ台の組み立てまで。

電化製品自体は今週末にまとめて届く。ただ、唯一持ち帰った照明器具を取り付けて点灯させてみると、不思議なもので、それだけで一気に「生活感」が出る。「灯り」というものは、本当に「生活」の中心にあるのだと、実感した。

完全に引っ越すのは来月の中くらい。寮費がもったいないが、これほどの大掃除になってしまったことで予定が立てられなかったことと、今週末はもう「年末年始休暇」に入ってしまうためだ。しかも、通信もADSLを先々月開通させたばかりだが、工事の期間が取れてちょうどいいタイミングで移転できる。

聞けば、会社の来年の採用が少し増えたことで空き部屋が足りなくなり、それまで私のように(私はかなり「別格」になってしまうが)「のうのう」と居ついていた30代半ば以降の寮生に、一斉にその「最後通牒」が出されたとのこと。まあ、他の理由もあるとは思う。ただ、本当に泡を食っていて、「やけのやんぱち」で契約してしまったとはいえ、今年中に決めてしまったのは、結果的に良かったのかもしれない(後で後悔するかもしれないが)。

普段の私であったら、絶対に「結論」を先延ばしにしていて、本当の期限になって、もっと泡を食っていたろう。期限近くになれば、「需要」がどうしたって高まり、もっと決まらなかった可能性が高くなるはずだからだ。

それにしても、今回、車を持たない私のために(また、すぐパニックになる私のために)、荷物運びや、電化製品選び、それになりよりも「ゴミ掃除」までして頂いた先輩方に、本当に感謝しなければならない。今まで、私には、「会社には友人のような付き合いのできる人はいない」とずっと思っていた。確かにそれまで一緒に飲みに行ったりしてはいたけれど、こんな私のために本当に親身になってお手伝いをして頂けるとは、思ってもみなかった。これをどう「お返し」したらよいのか今は分からないけれど、これだけ(たったこれだけ)は言える。

「本当にありがとうございます。」

« 「悩み」の先にある「軽み」・・・ | トップページ | クリスマスプレゼント・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/43488740

この記事へのトラックバック一覧です: あっという間の一か月・・・:

« 「悩み」の先にある「軽み」・・・ | トップページ | クリスマスプレゼント・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック