« あっという間の一か月・・・ | トップページ | よいお年を・・・ »

2008年12月24日 (水)

クリスマスプレゼント・・・

世の中は「クリスマスイブ」だそうである。「彼女いない歴=年齢」(この年齢までくればある意味スゴイ)という私にとっては、まだ「サンタさん」を信じていた子どものころを除けば、全く縁がない。

そんな中で一昨日、一足早い「クリスマスプレゼント」が届いた。先日ここで触れたMOKA☆さんの3rdアルバムである。今もそれを聴きながらこれを書いている。

Web先行発売で、店頭販売は来年の1月1日のことなので、あまりそれぞれの曲について詳しくは書かない。しかし、ほんの一部を聴いただけで書いた先日の印象はあまり間違っておらず、むしろそれ以上だ。

私の勝手な解釈ではあるが、短編小説集を読んでいる印象を真っ先に受けた。それもそれぞれの曲は独立した世界を持っているにも関わらず、互いに「かかわりあって」いる。

MOKA☆さんの創り出す音楽は、「コメットさん☆」のような明るいイメージの子供向けアニメのサントラであっても、どこか寂しげ(悪い意味ではなく)で、叙情的な雰囲気を持つ(それがアニメ本編の演出にも作用する)。そして、どこか我々外部の者が絶対に立ち入ることのできない、また立ち入ってはいけない「領域」がある。その「領域」のキーワードは「孤独」。彼女自身のブログでもたびたび触れられる言葉でもある。

そのキーワードは、特に今までの2枚のオリジナルアルバム「Evidence of Life」と「竜宮幻歌」で、大きなテーマとなっていた。常に自分自身と対話し、人との関係に苦悩する姿が目に浮かんでくる。ともに名曲ぞろいでお気に入りのアルバムだ。しかし、ともすると深く「ダイブ」しすぎて、聴く者の心だけでなく、創っている彼女自身の心までも掻き乱しかねないきらいがあった。

今回のアルバム「森羅SOLOIST」のテーマも「孤独」だ。しかし、明らかに前の2枚とは違う。あまりこの言葉は使いたくないのだが「希望」が見えるのだ。それは、先ほど言った「それぞれの曲がかかわりあっている」という印象につながっている。彼女自身が、手繰り寄せることのできる「糸口」(きっかけ)をつかんだのかもしれない。

「森羅SOLOIST」というタイトルからも、そのことが何となく伺える。「森羅」とくれば普通は「万象」だが、このタイトルの意味するところは、「この世の中のありとあらゆるもの」の中での「ひとり」だ。確かに「孤独」ではあるが、「SOLOIST(ソリスト)」とは、ご存知の通り「独唱者・独奏者」であって、元々コンサートでは華やかで注目を集める存在だ。逆に言えば、「観客」に一番近い所にいられる。その意味でも「かかわりあい」の糸口が見える。

そして、アニメ「エルフェンリート」の主題テーマとして、しかも「幻の名曲」として有名だった「LILIUM」。この曲は「竜宮幻歌」でもセルフカバーして話題を呼んだが、今回のアルバムでも再編曲の上、ビデオクリップとして収録された。ますます荘厳さを増し、まさに「讃美歌」だ。クリスチャンでない私がこういうことを言うのは、本当は失礼なのかもしれないが、このまま教会で流せるのではないか(流してほしい)と思ったりしている。

以上、本当に私の勝手な感想をつらつらと書いてしまった。MOKA☆さん、本当にお疲れ様でした。素晴らしいものができましたね。今後はせっかくつかんだ糸を離さず、もっと新しい境地を開いていって下さい。応援しています。

« あっという間の一か月・・・ | トップページ | よいお年を・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/43520760

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスプレゼント・・・:

« あっという間の一か月・・・ | トップページ | よいお年を・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック