« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月26日 (日)

飲まずにやってられるか!!!

訳の分からない天気である。昨日は一日中雨が降っていて、しかも寒くて寒くて「こたつ」までつける始末。今朝は今朝で、大雨が降ったかと思えば急に晴れて、全く天気が信用できない。洗濯物が乾かず、非常に困っているのだが、こう訳が分からないと、外に出すこともできない。もうすぐ「初夏」だというのに、こうも天気が安定しないのは、もう地球も終わりなのかもしれない。

先日、某グループの某メンバーが酒に酔って、衣服を脱いだ状態で独りで騒いでいたところを逮捕される事件があった(具体的に書くとググられたときに、こういう関係ない記事にあたるので、読者に配慮)。しかも「家宅捜索」までされて。もちろん、泥酔状態の人間は私も好きではないし、みっともないが、故意に「見せた」わけでもなく、ましてや「薬物反応」もなかった、ただの「大トラ状態」の人間に、そこまで「公権力」が介入しても良いものなのだろうか。この某メンバーは「加害者」ではない、「公権力の被害者」だ。人権救済の裁判を起こしてもしかるべきだと思う。

その某メンバーは、華やかではないが、そのグループの中でも「いい人」と受け止められている。確か何年か前に、その名もずばりの「いいひと。」という漫画原作のドラマの主人公を演じていたはずだ。バラエティ番組の中でもビールを堂々と注文して、飲んでご機嫌、というところはよく見たことがある。それだけ酒は好きなのだろうが、今回の騒動では、「ばかやろー」とか相当荒れていたらしい。「いい人」には「いい人」なりの「ストレス」と「プレッシャー」があったのだろうと推察する。

自分は自分で、最近少し不安定である。酒量が増えている。外に飲みに行くよりも、自室で飲んでいる。

私は酒は嫌いではないし、結構「イケるクチ」(但しほとんどビール限定)ではあるが、昼間に飲むことだけは、できるだけしないようにしている。昼間の何かの集まりなどで、酒が供される時があるが、量を飲まない。というのは、その日のうちに「二日酔い」状態になってしまうことが多いのと、やはりどこか「昼間から酒は飲むものではない(みっともない)」という、変な「倫理観」がある。

それを昨日は昼間に缶ビールを2本空けた。非常にやりきれなかったからである。そして晩には、夕食を作るような気にもなれず、宅配ピザで済まし、さらに缶酎ハイを2本。

いまさら言うまでもなく、世界中不景気である。私の勤めている会社も大赤字を出して、「時短」という名の「賃金カット」を強いられ、今月は2回の金曜日が休みとなり、今週末はそうだった。こういう状況が今年度いっぱい続く。しかし、心配なのは、東京の友人。

勤めている会社を今月いっぱいで辞めることになった。実際は「辞めざるをえなくなった」か、もっと言えば「辞めさせられた」。「人員整理」の前段階で、彼には全く不適応な部署に転属させられて、成績が出なかったのである。(ごめん、あまりここで個人的な事情を書くのはいけないと思うが、どうしても納得いかないから。>S君)

私の会社は、おそらく彼の会社の利益の数千倍以上の赤字を出しているが、とりあえずつぶれてはいない。まあ、一部の事業部門は大変な思いをしているし、経営陣は「責任を取らされた」けどね。

そういう「のほほん」としていられる人間が、こういう「パワハラ」に近いやり方で辞めさせられる人間に、どう声を掛けてあげらたらよいのだろう。彼の上司も苦しかったと信じたいが、あまりにも不条理だ。

こんな例が世間に蔓延している。私は大元凶アメリカ発の「金融危機」の影響は、日本にはまずほとんどない、と思っていた。「経済にお詳しい評論家」の方々から言わせれば、「甘チャン」だと思われるかもしれない。でも、予想以上に深手を負ったのは、今の「政治屋」と「経営者」の「無策」のせいでしかない。また、その背景には、「人を大切にしない」風潮を作り上げた「Takenaka-Koizm」がある。

「無策」になっているのは、政治屋がよく口にする「ねじれ国会」のせい?馬鹿を言え、参議院で野党が過半数を握っていたのは、20年前にもあった。しかもそれは12年くらい続いた。もちろん、その間に与党に協力する野党も現れ、表面上は解消されていたが、政策は「是々非々」でやっていたはずである。国会が与党だけになったら、それは戦前の「大政翼賛会」である。その方が怖い。

まあ、こんなことを言っても始まらぬ。「衆愚政治」は私も含めた有権者のせいでもあるのだから。

話を元に戻す。「偽善」という言葉がある。対極は「思いやり」なのだろうが、本当の「思いやり」なんてあるのだろうか。

昨日の冷たい雨の中、「あしなが育英会」の高校生たちが街頭に立って、募金活動をしていた。100円ほど募金した。これは、彼らよりも少しでも「優位」に立っている者からの「施し」であって、単なる「自己満足」ではないのか。

そして「かけてあげられる言葉がない」なんていうことを言っている言葉、こんな記事を書いている行為自体が、「偽善」ではないのか。

この「やるせなさ」はどこに持っていくべきなのか。だから、さっきのように政治屋や経営者につばを吐きかける。でもそれは「天に唾すること」。結局は自分に戻ってくる。自分自身の「無為無策」が、今度は暴露される。そして、それをごまかすための自己満足→偽善の繰り返し。

今は、彼の再就職がすぐに決まることを祈るしかない。S君、君自身は決して悪くない。だから、必要以上に自分を卑下することなく、自分の今までの「キャリア」に胸を張って、新天地を求めて行って欲しい。

2009年4月19日 (日)

犬になりたくないけど、味噌汁つかない。\490・・・

今更な話題になって申し訳ない。言わずと知れたソフトバンクモバイルのCMである。私は先日書いたとおり犬はだめだが、この「白戸(ホワイト)家」の一連のCMはなかなかに洒落ていて、結構好きである。

初めて見たとき、ただTVをつけていただけなので、これがCMとはすぐに気がつかなかった。さだが本当に何かの番組で歌っているのかと思ってしまった。しかし、カメラが引いて、あの「白戸家」の面々が映ったとき、CMだとわかったと同時に、その「ふざけた」歌詞に笑うというより、唖然としてしまった。

ソフトバンクのサイトに、CM60秒バージョンと、歌詞が載っている。題名は「犬になりたい\490」。それにしても本当に一つの歌としてきちんと完結したものを作っており、それを\490で発売してしまうとは恐れ入る。それも自身が出す3年ぶりのシングルがこれなのである。

さだ自身のCM出演は初めてではないし(例えば「ダスキン」)、CMタイアップについてもそうである(私が知っているのは「大きなカローラ」)。でも彼のキャリアに照らせば、ほかの歌手に比べて少ない方だと思う。それが、堂々と商品名「ホワイト学割」を詠み込んだ上に、自分が出演してしまうとは。

この「犬になりたい」という題名は、故フランキー堺主演で、昨年仲居正広主演でリメイクされた「私は貝になりたい」にひっかけているらしい。白戸家の「お父さん犬」である犬の名前、「カイ」(=貝)にもひっかけているそうだ。また、さだは以前、「関白宣言」のセルフパロディとして「関白失脚」という曲を出しているが、そこで「お父さん」が飼い犬の「ポチ」しか相手をしてくれない、というようなことを歌っていて、それにもひっかけているのだろう。

歌詞は、1日500円しかお小遣いをもらえない「お父さん」が、500円でできそうなことを並べているが、それ以上のささやかな「贅沢」すらできない「悲哀」を歌っている。弁当や牛丼の味噌汁なしのくだりもそうだが、それ以上に中盤の電車賃(横浜や武蔵小金井、実籾、海老名)のくだりは、妙に生々しい。

デビューして間もない頃に出した「雨やどり」に雰囲気が似ていると誰かが言ったそうだが、言われてみれば、そういう感じがしないでもない。ただ、「雨やどり」は「ハッピーエンド」であるのに対して、こちらは、最初から最後まで「悲惨」だ。

本題の方が短くなってしまったが、ソフトバンクCMの「白戸家シリーズ」にしても、さだにしても、通底するものがある。それは、「ふざけたことを一生懸命に(大真面目に)やる」ということだ。

さだにはこの「犬に・・・」以外にも「コミックソング」的なものをたくさん出している。今迄に挙げた曲は割とそうだし、究極は「シラミ騒動」という音階をそのまま歌詞にしてしまったものまである。また、NHKでこの数年やっている「今夜も生でさだまさし」中のコーナーなどはそうである。

「白戸家シリーズ」は、前の「予想ガイシリーズ」から継続し、なぜか「お父さんが犬」という設定をし、「どうしてお父さんが犬になったのか」という説明を一切しない。また、そういうことを聞くことが野暮だと言わん限りのインパクトを持っている。それに犬の「カイ」人気も相まって、長いシリーズになっているのだと思う。

最近、お笑い番組が全盛だが、年のせいか私には、いわば勢いだけの「一発芸」で、何がおもしろいのかさっぱり分からないものが多い。もちろん、演じている方は一生懸命だと思うが、少し「笑い」を「安売り」し過ぎているように思えて仕方がない。初めは受けた「オチ」でも、そればかりやっているので、だんだん「お約束」になってしまい、次の「ブレイクスルー」がなかなか生まれない。また、何かのパターンが受けると、類似のものが雨後の竹の子のように出てくる。観客もそれを望んでいるから、悪循環が生じている。

このCMのように「ふざけたことを一生懸命に(大真面目に)やる」ということは、それだけ人間に「余裕」がないとできない。昨今の「お笑いの二匹目のどじょう化現象」は、世の中一般に「余裕」がないことの裏返しなのかもしれない。こうした閉塞感のある状況だからこそ、こうした「ふまじめをまじめにやる」余裕を持ちたいものだ。

2009年4月12日 (日)

見ているようで見ていない・・・

昼下がり、買い物に出ようとアパートを出た時、道にこんなものを見つけた。

090412_1553_2 地面に落ちた桜の花である。

しかし、私はこの近くに「桜の木」があることなど知らない。しかし、視線を上げてみると・・・

090412_1554 はたして目の前にもうほとんど散ってしまっている桜の木があった。

ここは本当にアパートの目と鼻の先である。しかも非常に立派な幹と枝ぶりをした木だ。確実に満開になっていたのに、なぜ今まで気がつかなかったのだろう?

多分全く気が付いていなかったわけではなかろう。しかし、「見ているようで全く見ていなかった」。駅前や周囲の山の桜の開花状況は知っていても、こんなに近所にある木のことを全く気にも留めていなかったとは。

確かに私はかなり「猫背」で(うつむいて)歩く癖がある。朝の出勤は非常に憂鬱だ。それに、かなり大きな通りを横断するような時も、その前後を全く覚えていないことも多い。もちろん、こうして「生きている」(苦笑)のだから、信号は「青」で渡っていて、しかも乱暴な運転の多いこの街で怪我もない、ということはそれなりに注意は払っていると思う。

普段の仕事でもそうだ。もうこの年齢でこんなことを言っていてはだめなのだが、本当に「計画」が立てられない。「WBS」(TV東京の番組ではない)という言葉があるが、そこに作業を落とし込むこともできない。何をするべきで何をして、いつまでにできるのか全く見当がつかないのだ。上司には、いつもここで注意をされ、歯がゆい思いをさせている。

ただ、駅前の桜並木や、周囲の山々の桜の状況が目に入ってきて、それが気になるのだから、大まかな「何か」には気が付いていて、見ようとしてはいる。仕事でも、何かヒントを与えられると、俄然はかどる場合がある。だから、ぼやけた「輪郭線」を、何かのきっかけで「焦点」を合わせてもらえれば、見えなかったものも見えてくる。

しかし、所詮は「他力本願」。たぶん自分の「限界」を見ることが怖いのだろう。それでも、行き詰まりを感じているのは確かで、そういう部分があってもいい、と思っている自分がいる。それでは前へは進めないのに。だけど。。。。。

それでも、もう少し視線を上げるようにしよう。気がつかなかったこの桜の木には、今まで気がつかなかった無礼を詫びた。来年の春には、きっと会おうね。

2009年4月10日 (金)

春爛漫2・・・

私の住む街は、桜の街としても知られている。やはり関東の外縁だけあって、開花は東京より1週間から10日前後遅く、今年は4月1日だった。その前後がとても寒く、先日満開になったばかり。

そして今宵は「満月」。その満月にも浮かれて、続けてこの記事を書いている。

090409_2016 写真が小さい上に、ぼやけてしまっていて申し訳ない(理由は先ほどの記事で)。これは駅前から幹線国道に伸びる県道の桜並木。信号が邪魔だが、並木を撮るにはこういう角度しか撮れない。それにしても、桜を見るための車の渋滞がひどく、桜がかわいそうだ。桜の時期は車を完全に締め出すべきだと思う。

090409_2026 桜並木の上に浮かぶ満月。なんとも幻想的。

090409_2023 枝の隙間から満月を撮ってみる。

この街は、文化的な香りが全くなく、特に最近は空洞化が深刻になっている。でも、桜の季節だけは、私は好きだ。桜というのは、どうしてこうも日本人の心を打つのだろう。春は「日本人でよかった」と再確認できる季節だ。

春爛漫・・・

春を通り越して初夏のような暑さである。しかし、今年は桜の咲き始めは早かったものの、その後の「寒の戻り」もあって、満開になるまでかなり時間がかかり、また持ちも良いようである。

この間久しぶりに東京方面へ出かけた。土曜日に、およそ半年ぶりに友人に会った。ここでは詳しく書かないが、私が引っ越しや何やらで気が抜けなかったのと同じように、彼にもいろいろとあって、お互いに会うことがままならなかったのだ。

銀座の歩行者天国を9丁目(正式な住所ではないそうだが)から1丁目、京橋、神田を通って秋葉原まで、ずっと話しながら歩いた。このコースは、結構、何度も彼と歩いている。彼は非常に健脚で、運動不足の私などは、だんだん年齢とともに息が切れるようになっていたが、今回は違った。やはり往復1時間の徒歩通勤がかなり効果があるようだ。

秋葉原の居酒屋で夜が更ける(23時ころ)まで飲んだ。くだらない話から深刻な話まで、よくしゃべり、そしてよく飲みよく食べた。こんなに二人で飲んだことはない。大変な思いをしている彼に対して、大したアドバイスができないのは、非常に申し訳なかった。

飲んだ後、私が宿泊する上野まで送ってくれた。鉄道雑誌でしか見たことがない「急行能登」号の入線を見られたことは、最後のおおきな「おまけ」だった。

翌日、鎌倉へ向かった。例年、「コメットさん☆」仲間でお花見をしていたのだが、今年はお流れになった。だから私ひとりだ。

いつもの「お花見」は「花がない」(開花のタイミングに合わない)のが「お約束」だったのだが、今年は冒頭に述べたようにうまくタイミングが合い、鎌倉中、ピンク色に染まっていた。初めて写真を載せてみる。

090405_1142コメットさん☆が、初めて地球にやってきたときに野宿した、鎌倉駅西口(江ノ電鎌倉駅)の時計台である。私は、ここに来るといつも、この角度から写真を撮ることにしている。

(写真が小さいのは、私の携帯がもう5年前の代物で、メモリなどの関係上、これ以上大きな写真を送信できないからだ。。。)

090405_1134二の鳥居」から段葛を望む。手前の狛犬は、ラバボーが怖がっていたもの。

090405_1127

そして「段葛」。これをまっすぐ行くと、鶴岡八幡宮である。御覧の通り「桜のトンネル」。本当に美しかった。

八幡様にお参りした後は、小町通りや神奈川県立近代美術館・鎌倉などを鑑賞。そして東京に戻って「秋葉原」(苦笑)。

このところあまり外に行くこともできず、かなりフラストレーションがたまっていたことも確かだ。かなりの散財になったが、たまにはこういうことでもないと、息が詰まる。買い物で発散、というのは、私もかなり「女性的」な感性の持ち主なのかもしれない。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック