« 当年とって御歳90のヴァイタリティ・・・ | トップページ | 晴れてはいないけれど・・・ »

2009年6月24日 (水)

シュークリーム分・・・

090622_2220

先々週の東京行きでは、例によって秋葉原に行ったのであるが、某アニメショップで、見慣れない「あずまんが大王」が並んでいた。版型が変わっており、帯に「新装版」とある。出版社まで変わっており、「メディアワークス(現在のアスキー・メディアワークス)」から「小学館」になっていた。

表紙には「大阪さん」がただ一人、というシンプルさ。

思わず買ってしまった。今回の引っ越しで、相当数のコミックを捨てたのだが、捨てられなくて持ってきた旧版があるのにも関わらずである。早速読み比べてみた。

こんな新装版が出たのは、小学館で新創刊した「ゲッサン(月刊少年サンデー)」で、「補習」として連載があるかららしい。この巻は「1年生編」で、その分はもちろん加わっているのだが、それ以外の部分でもかなり広範囲にわたって「加筆・修正」がなされている。作者の「あずまきよひこ」さんは、このマンガの連載に当たって、タイトルが「あずまんが大王」となったことがずっと不満だったそうだが、第一話の柱の「ゆかり先生」のセリフが、「やなタイトルだな」から「やっぱりやなタイトルだな」に変わっていたのには、「加筆・修正」の中でも、非常に愛嬌がある。

その「加筆・修正」であるが、一回分の中の1本を取り換えたり、あるコマだけを差し替えたり、というところがあるので、前のコマと絵の雰囲気が変わってしまっているところがある。まず、ずいぶんすっきりした線になっている(「よみ」にいたってはダイエットに成功したようだ(笑))。トーンの使用も少なくなり、旧版で使用していたところまで省いていたりする。

新装版を買おうと思った理由は、旧版と比べてみたい、と思ったからだけではない。帯にあった「21世紀の4コマ漫画はここから始まりました。」のコピーに惹かれたからである。

まず、作品の「フォーマット」として「あずまんが」から影響を受けたものは、枚挙にいとまがない。「ストーリー4コマ」は昔からあったようだが、広く認知されるようになったのは「あずまんが」からだったように思う。また、何といっても、学園での女の子たちの群像を描いた「萌え4コマ」の先駆けだった。複数の女の子たちが、それぞれに魅力的な個性を与えられ、役割(ボケ・ツッコミ)を分担したり、それを時に入れ替えたりする構図は、現在では珍しくない。作品の舞台になっている「学園」ですら、大体が「そのあたりでは有名校(進学校)」という設定だ。

そして、今やアニメ化されている原作の多くが4コマである。あの頃、4コマをアニメ化する、というのは、あの日曜夕方6時の「国民的大河アニメ」以外は考えられなかった。だから、「4コマのアニメ化」というだけで、ずいぶん当時は話題になったものだ。

当時のアニメ「あずまんが大王 THE ANIMATION」を今見ると、なんとかして4コマの雰囲気を出そうとするために、1話中でタイトルを変えたりと、頑張りすぎてしまっているように思えるが、昨今の作品を見ると、特に原作が4コマであることを感じさせないくらい、洗練されたものになっている。

このように、後続の作品に影響を与えた「あずまんが」だが、他と大きく違っているのは、自分自身で言ってしまっているほど、圧倒的に「再読性」が高いということ。今回、久しぶりに読み返してみて、オチが分かっていても大笑いしてしまうことが何度もあった。

これは、他の作品が「主人公」を置いているのに対して、「あずまんが」には明確な主人公がいないことにあるのだと思う。ツッコミ役の印象が強い「よみ」かと言えば、第一話の最初から出ているわけでもなく、また驚くべきことに「名前」すら1年生の3月までなかった(笑、それでも話ができてしまうという構成力はすごいと思う)。マスコット的な「ちよちゃん」か、と言えば、圧倒的にほかのキャラにいじられてばかり。だから、読む人は、その時々に感情移入できるキャラクターを選ぶことができて、「ああ、こういうことあるよね」と共感しやすくなっているのだと思う。

今回少し残念だったのは、「補習編」があまりそういう雰囲気でなかったことである。明らかに「大阪さん」が主人公のように思われる。また、大阪さんは「わざ」と忘れ物をしたり、それを平気に思っているような子ではなかったはずだ。

今となっては、10年の歳月を感じさせるところもある。榊さんがネコの写真の「焼き増し」をお願いしようとしたりするところや、「ポストペット」というものが分からずに身もだえる、というオチがある。確かに「ポストペット」は連載当時、非常にはやっていた。今やメールはほとんどが携帯電話で済ませる時代である。のちに出てくる、榊さんがネコの写真を撮ろうと、「写るんです」で悪戦苦闘するものの、結局まともな写真が撮れなかった、というネタも、当時は大笑いしたが、新装版ではどうなるのだろうか。

それでも、この「4コマ隆盛の祖」的作品の8年ぶりの復活が、新たな読者を獲得できるのか、非常に興味を持っている。

※ずっとお世話になっている、ちゃい25%さんのサイト「ニコパ!ニコニコぱわーオン!」の掲示板に、6/21に投稿した記事を加筆・修正の上、転載。

« 当年とって御歳90のヴァイタリティ・・・ | トップページ | 晴れてはいないけれど・・・ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

ありゃ!
シュークリーム分・・・。
説明も何もいらないということでしょうか。

さて、漫画はドラえもんを除いて購入したことが無く、床屋で読むくらいなので残念ながら、「あずまんが大王」との接点は無かったのですが、4コマということで興味が出ました。

先日の人間ドックの時に、受付近くに置いてあった4コマ漫画を見たら面白く、やはり4コマは漫画の原点だな、と思いました。
(もしかしたら新聞などの風刺絵かも)

たまには漫画もいいですね!

ども!さん、コメントありがとうございます。

「シュークリーム分」は、この漫画のキャラクターの一人である「よみ」こと「水原暦」が提唱した「新理論」(?)で、シュークリームに含まれる栄養素で、勉強をすると減ってくるものだそうです。不足すると、疲労や集中力・思考力の低下等の症状が現れるそうです。

大きな本屋さんでしたら、旧版(Dengeki Comics EX 全4巻, A4変型判)はまだ残っていると思いますので、当時の勢いを感じたいのであれば、こちらをお勧めします。

4コマは日本人の感性によく合っていると思います。文学の世界で「起承転結」という形は昔からありましたから、まさにそれに当てはまる展開をするからです。その意味でも、ども!さんがおっしゃるようにマンガの原点だと思います。

同じような「萌4コマ」は、この「あずまんが大王」以降続出しますが、そういう中で、私が非常に好きでお勧めなのは、同じアパートに住む高校の美術科に通う4人(現時点は6人)の女の子たちの日常を描く「ひだまりスケッチ」です。

もろ「あずまんが」的ではありますが、登場人物たちが非常に可愛らしく、また時に素っ頓狂で、そして時にはジーンとする展開となるのが魅力です。本屋さんに行った時、髪に「×」の髪留めをした女の子が表紙の本があれば、それなのでよく分かります(笑)。この作品もアニメ化されました。

有名どころでは、社会現象になった「らき☆すた」がありますが、これはいわゆる「オタク」向けですので、そういうところをかじった人でないと、何がおもしろいのかよく分かりません(私にも分からないところがある)ので、お勧めできません(苦笑)。

うむむ・・・。

奥が深いということはちょっと手を出すと痛い目に会いそうですね。

でも、機会があればちらっと覘いてみようとみようと思います。

ではでは・・・。

いえいえ、「らき☆すた」が特別なだけでw
私は、「あずまんが」にしても「ひだまり」にしても、連載の雑誌のことは全く分からず、表紙の可愛さに惹かれただけで、買ってしまったというのがきっかけですので、ども!さんにも大丈夫ですww
ホント、お勧めですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/45435088

この記事へのトラックバック一覧です: シュークリーム分・・・:

« 当年とって御歳90のヴァイタリティ・・・ | トップページ | 晴れてはいないけれど・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック