« LIGHT OF LOVE by MOKA☆・・・ | トップページ | 青春の影・・・ »

2009年7月10日 (金)

「日本語」について・・・

先日、「英語」について書いたので、「日本語」について書かねばなるまい。その時にも書いたとおり、私は「日本語」が大好きだ。しかし、別に私は「言語学者」でもないし、学生時代に研究したことはない。だから、かなり間違った理解であることは、初めに断っておかなければならないし、それは「英語」についてもそうである。

ちなみに、「声に出して云々」や「百ます云々」の先生方のような「国語勉強法」は、私は大嫌いである。何か気持ち悪い。「声に出して云々」の先生は、NHK教育の「にほんごであそぼ」を監修しているが、面白いコンテンツはあるものの、今ひとつ好きになれないのはそこにある。まあ、これは私自身がひねくれているからでもあるのだが。

私たちは「日本語」を、どこかで「アルタイ語族」とか習ったような気がする。しかし、「アルタイ語」なんてものが、どういうものであって、どこで話されているのかなんて、私は全く知らないし、ほとんどの人は知らないと思う。ただこの説は、現在、ほぼ否定の方向で議論になっているらしい。

よく、何年かおきに「日本語の起源を○○で見つけた!」みたいなTV番組が放送される。そういうものを見ると、「何かを指す名詞の発音が日本語のそれと似ている」だとか「ものの数え方が似ている」だとか、例を挙げて「検証」している。ただ、人間が話す言葉である以上、そこに挙げられる以外の語彙は「検証」し切れないほどあるし、人間の祖先をたどれば、どこかにたどり着く。たまたま似た語彙があってもおかしくない。非常に「眉唾物」である。

話がそれた。なぜ「日本語」が好きなのか、ということについて、である。確かに「美しい」から。でも、「美しい」かどうかは主観的なもので、どんな言語であれ、生まれてきた赤ん坊に「母語」は基本的に選べないし、その言葉を話す民族にとっては、それが「美しい」ことになるので、もう少し具体的に私が「美しい」と感じるところについて書いてみたい。

一つ目には、あまりにも「文法的にフリーダム」だということ。英語の文型(S+V+Cのようなもの)のような定型はほとんどない。全くないと言ってしまうと語弊があるが、逆に定型にあてはめようとすればするほど、分からなくなってしまうものらしい。

具体的には、助詞(いわゆる「てにをは」など)をつけてしまえば、英語の主語や目的語にあたるものはどれかが分かり、語順は自由だ。また、特に話し言葉では、主語と述語の位置が逆転する「倒置法」が普通に行われる。また、古文の世界では確かに「係り結び」(「こそ」には「已然形」とか)のようなものはあったが、現在では詩歌の世界をのぞいてほぼ消滅したといってもいい。

主語は、話し手と聞き手、書き手と読み手の中で、何の話であるのか無意識の「合意」が出来ていれば、省略してしまって構わない。逆に、常に「・・・が」「・・・は」を繰り返すと、おしつけがましくうるさく感じる。また、「時制」についても、現代語においては比較的緩やかで、過去の話をするとき、主語と同じように「・・・した」「・・・だった」を繰り返すと、話や文章が単調になってしまう。

二つ目に、他の言語で一番苦労させられる動詞の「活用」は、日本語にはない。つまり、「人称変化」(一人称・二人称・三人称・ジェンダーなど)や「時制変化」(過去形など)がない。まあ、「活用」そのものはあることはあるのだが、日本語における「活用」は、動詞や形容詞、形容動詞(認めない学者もいるそう)、助動詞が他の品詞にくっつくときの変化を指す。現代日本語における「活用」は、一部のサ行変格活用(する)・カ行変格活用(来る)をのぞいて、日本語の音韻(50音)がわかれば単純である。

三つ目は「否定語は最後まで分からない」ということ。否定の「ない」は常に述語の語尾につく。英語などのヨーロッパ系の言語のように最初に「not」を言わないことは、やはり、昔は「奥ゆかしさ」、「グローバリズム」の現代では「煮え切らなさ」とでも言わなければならないような日本人の「根っこ」に非常に影響していると思う。

四つ目に、「オノマトペ(擬音語・擬態語)」の豊富なことである。動物の鳴き声、機械の作動する音などはともかく、全く音のしない状態なのに「シーン」という「音」がする。「雪がしんしんと降る」というような表現は、本当にどこから出てきたのだろう。これは、日本のアニメやマンガでは欠かせない存在であり、これがあったから、大きく発展したのだと思う。

そして最後に、なんといっても書き表せる文字も豊富であることである。我々の祖先は輸入した「漢字」に飽き足らず、「ひらがな」「カタカナ」を生み出した。そして近代になって「ローマ字」である。こうした文字があったからこそ、先人達は柔軟に外国から新しい知識を輸入でき、自分たちなりに新しい解釈もして吸収していったのだろうと思う。特に「明治維新」後の急速な日本の発展は、それ抜きでは多分なしえなかった。

文字種が多い(特に漢字)ということは、確かに覚えるのは大変かもしれないが、字面に変化を持たせる。「名著」と言われるものは字面だけみても美しいと言われる。

・・・やっぱり、ぐだぐだになってしまった。おそらく字面でもダメダメだ。それでも、こんな面倒くさくもフリーダムな日本語が大好きであることは、最後にもう一度言っておきたい。

« LIGHT OF LOVE by MOKA☆・・・ | トップページ | 青春の影・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/45577621

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本語」について・・・:

« LIGHT OF LOVE by MOKA☆・・・ | トップページ | 青春の影・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック