« 英訳その2 | トップページ | 線より面・・・ »

2009年7月28日 (火)

大正ロマンと昭和モダン・・・

職場である工場が、夏の電力使用制限のために金曜日から5連休だった。暑いのと、天気があまり安定しないのとで、買い物以外は全く外に出なかったが、今日は思い切って「遠出」することとした。行先は、北茨城市にある「茨城県天心記念五浦美術館」。5年ぶりである。

ここは美術館としては規模は小さいものの雰囲気が良く、また、太平洋に面した高台にあり、眺望が非常に素晴らしい。例によって8年前くらいの写真が残っていたので、載せてみる。ちなみに今日の天気は曇りで、こんなに奇麗な景色は見られなかった。

P21000841 ←美術館 Pa2003501

←美術館裏からの眺望

話がそれた。目的は、大正から昭和にかけて流行した「抒情画」の企画展「大正ロマン・昭和モダン 大衆芸術の時代展 - 竹久夢二から中原淳一まで -」の鑑賞だ。

「抒情画」の世界は、東京のS君に「弥生美術館」(東京・根津)へ連れて行ってもらったことから興味を持ち始めた。「抒情画」は、「宵待草」で知られる「竹久夢二」をその嚆矢とすることができ、大正中期・昭和初期の少年・少女雑誌の挿絵・付録画などを経て、戦後の「中原淳一」による「ファッション」の提案に至る流れと、そこから分岐して「いわさきちひろ」を代表とする「童画」、現代の絵本へ至る流れの「源流」に当たる。

展覧会は題名通り、「竹久夢二」から取り上げられていた。夢二の絵は、単純で即興的な線でありながら(おそらく即興では書いていないだろうが)、もう絶滅してしまった日本女性の美しさの一つである「しな」の描き方が、本当になまめかしく感じた。しかもそれは、彩色された絵よりも、鉛筆だけの素描に顕著だった。

次に取り上げられていたのは、「高畠華宵」。「弥生美術館」は、元々この人のために作られた美術館である(夢二の記念館も併設されている)。夢二とは対極にあると言える、非常に「凛」とした「中性的」な美少年・美少女像であり、どこかギリシャ彫刻を思わせる。

続く「蕗谷虹児」は、美人画こそ夢二の影響を受けているように思われるが、少年・少女向け雑誌の挿絵には、のちの「いわさきちひろ」の「童画」へ繋がるようなものを感じさせる。「松本かつぢ」は展示が少なかったが、それまでの画家の描く「細面で細い眼」の女性像とは全く異なる、独特の「丸顔でつぶらな瞳」の少女像で異彩を放っていた。ちなみにかつぢは、のちに「クルクルクルミちゃん」という「少女漫画の祖」と言うべき漫画を描いている。

「中原淳一」は、戦前の絵には夢二の影響が大きい。しかし、眼はかつぢと同じようにつぶらで、印象が異なる。ただしこの人は、戦前の活躍よりも戦後になってからの活躍の方に大きな意味があり、「それいゆ」という少女向け雑誌を創刊し、服飾にとどまらない「ファッション」のあり方を提案していくことになる。

その他、いろいろな画家の絵が展示されていたが、先述の「細面で細い眼」の女性像に、やはり夢二の大きな影響が感じられた。

うだうだになっているが、もうひとつ。元々「挿絵」というものに価値があまりなかった時代であったからこそ、「作者不明」となっている絵がいくつかあった。また、作者名が分かっているにもかかわらず、「生没年不詳」という画家がいた。別に「先史」という訳ではなく、たかだか70~80年くらい前の人たちなのに、である。こうした「無名」の画家たちは、虹児、華宵、淳一といった有名になった画家たちの陰で、あるかないかの仕事で糊口をしのいでいたのだろう。研究が進んで、こういう人たちにも光が当たって欲しいと願うばかりである。

« 英訳その2 | トップページ | 線より面・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

文字でっかくなりましたね!
読みやすくなりました。

美術館はたまに行くと心の起伏が大きくなります。
ある絵画を観ては涙し、ある彫刻を見ては力がみなぎり・・・。

年に一度は行きたいな。

ども!さん、コメントありがとうございます。

文字の大きさは、内容によって変えるつもりです(笑)。でも、これくらいの方が読みやすいですかね。

ども!さんは、どんな絵や彫刻が好きですか?芸術は心の安定に不可欠だと私も思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/45766063

この記事へのトラックバック一覧です: 大正ロマンと昭和モダン・・・:

« 英訳その2 | トップページ | 線より面・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック