« 中秋の名月に思う。 | トップページ | からっぽ・・・ »

2009年10月 4日 (日)

十五夜+1・・・

091004_2138401 昨日は確かに「中秋の名月」だったが、「中秋の名月」とは、旧暦8月15日の月のことだそうで、必ずしも「満月」とは限らないそうだ。いくら月の満ち欠けを基にした暦である「太陰暦」だとはいえ、「太陽暦」で4年に一度閏年がくるように、少しずつずれが生じるからだ。それを今日の携帯のニュースで知った。

そして、今日が本当の「満月」。ほかに目標物がないのでなんだかよく分からない写真になってしまっているが、今日はお月さまが本当によく見える。月の光は不思議なもので、本当に心洗われるのと同時に、「満月」の場合はよく言われるように、どこか気分を高揚させる。

そして知らないうちに、晩秋へと確実に移り変わっている。確かに外はかなりもう冷え込んでいるが、そのことに具体的に気付いたのは、この写真を撮った後に部屋に戻ったら、メガネのレンズがかすかに曇ったこと。

冬はもう、すぐそこまで来ている。

« 中秋の名月に思う。 | トップページ | からっぽ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/46396414

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜+1・・・:

« 中秋の名月に思う。 | トップページ | からっぽ・・・ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック