« 「チャレンジド」の現場 | トップページ | モザイク »

2009年11月 1日 (日)

生きる意味

ここやいろいろなところで、分かったようなことをコメントしたりしているが、私自身は「生き方」に失敗した人間だと思っている。常に心の中の「虚無感」が不安をあおる。でも、何度も書くが、こうして「文字」にすることで、自分の隠れていた考えを引き出すことができ、多少は冷静になれる。また、自分自身を元気づけることもできる。

人が人として生きていく意味、というのはどこにあるのだろう。私にはそんなことを語る資格もないし、ましてや答えなど持ってはいない。ただ、自分は「死」やそれを連想させるものに対して、絶対的に「恐怖」しているため、今までどんなに心がつぶれそうでも、死なずに済んできた。ただ、それだけ。

太古の昔から「生きること」の意味は、「哲学者」たちが探ってきた。そう、元々は「学問」だ。祖となる「ギリシア哲学」などは、仕事をしない階級の人間が「暇つぶし」にやっていたと言っても過言ではない。

しかし、いつから、「生きることの意味」が「生き方の方便」にすり替わってしまったのだろう。社会の閉塞感、つまり「生きづらさ」は、案外そんなところから生まれたものに違いない。

「方便」は「方便」に過ぎぬ。時代によっても変わるし、極端にいえば、その場その場で変わる。それを変えることのできない「不器用」な人間を排除するシステム、それが「現代」だ。そしてそのシステムがこの十数年という短い間で急激に広まった。

こうやって考えたり、書いていたりする「私」をもっと感じたい。「私という穴」は「私」でしか埋めることはできないのだ。

・・・なんてね。

全く関係のない話。「チャレンジド」の主人公は「塙(はなわ)」という、あまり一般的ではない苗字だ。なぜそんな苗字にしたのか考えていたら、はた、と気付いた。すでにお気づきの方も多いとは思うが、たぶん、私も歴史の授業で習って名前しか知らないが、江戸時代末期の盲目の国学者「塙保己一(はなわ・ほきいち)」にあやかったのだろう。

« 「チャレンジド」の現場 | トップページ | モザイク »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うつ気分です。ニトログリセリン薬を片手に、ゴロゴロしています。

気分障害がひどいので、休日をいいことに、ふて寝しています。

たまにパニック発作があると、ニトログリセリン薬を使っています。

成分がニトログリセリンの、心臓痛対処のため循環器科から処方されたスプレー状の外用薬は、心臓への血管を広げる効果があります。

これがまた、強い薬です。

パニック障害の発作の時の死にたくなる気分や、
何も生命活動をしたくないうつ状態に対応する薬とは全く系統が異なります。

嘘も方便と言いますが本当の方便は、
仏が衆生を教化・救済することです。
真実の教えに至る前段階に説かれる教えです。
生きる意味などはお釈迦さまだったら、
取り合わないで無記すると想います。
思い悩むことなど生きることに邪魔になるだけです。
生き方に失敗したとおっしゃいますが贅沢だと思います。
生きると言う事は真心を伝えることです。
気楽に微笑んで優しい言葉をかれれば、
生きる意味が見えてきます。
元気を出して自分が欲することをしましょう。
思いを行為・行動に移せば生き方がぶれません。
と言う私も手術が怖くて悩んでいます。
あなたより始末の悪い凡夫です。
気にしないでください、弱い自分に言い聞かせています。
この世はすべてが心の鏡、皆同じなんだと思います。

TheBeachさん、コメントありがとうございます。
薬の種類をここに書くのは避けますが、私も処方されている一人です。抑うつ気分がずっと続くためです。

あなたのブログのプロフィールを読ませていただきました。そうです、「なんとか生きている」だけで意味があるのです。それに感謝して、今日も生きていきましょう。

エスプリさん、コメントありがとうございます。
仏教用語が人口に膾炙しすぎて、本来の意味とはかけ離れた意味で、それこそ「方便」的に使われる例、というのは多いですね。

そうですね、こんなことを考えていること自体が「暇人」なのでしょうね。ただ、そうすることを「強要」する社会が嫌、しいてはこんなことをしかつめらしく、「恰好つけて」書いている自分自身が嫌になっているのです。

書店に並ぶ本を見ると、単なる「処世術」(こちらの言葉の方がしっくりきますね)に長けた人間が正しい、強いと言わんばかりのものばかり。できない人間は「生きている意味がない」とまで言い切りそうなものまである。私にはそれが我慢なりません。

エスプリさん、「凡夫」(これも仏教用語ですね)などと謙遜されていますが、あなた自身が、私に「優しい言葉」を掛けて下さいました。こうした行為が「真心」からできる人間になりたいです。

手術、私にはたぶん想像することもできないくらい、大変なものなのでしょうね。あなたのような方の手術は成功してもらわなければなりません。ご成功を心よりお祈りします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/46647422

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる意味:

« 「チャレンジド」の現場 | トップページ | モザイク »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック