« 「話し言葉人間」と「書き言葉人間」 | トップページ | クリスマスソング »

2009年11月29日 (日)

英語車内放送の面白み

最近の鉄道車輌は車内アナウンスが自動化されてきていて、しかも「国際化」の波にさらされて、英語アナウンスは常識的になってきている。ほんの10数年前くらいまでは、新幹線くらいしかなかったのがうそのようである。

特急に乗ると、その英語案内が非常に面白い。次駅案内以外に、いろいろな「あいさつ」が加わる。特急料金を払ってまで乗って「下さった」乗客にできるだけ「丁寧」な感謝の気持ちを伝えようと腐心しているのが分かる。ただ、あまりにも杓子定規に日本語を置き換えている感じが否めず、かえって大仰で笑ってしまうものがる。

例えば、私が良く利用するJR東日本常磐線の「フレッシュひたち」では、大きな駅を出発後、停車駅案内、車内案内などに続いて、こんな言葉を聞くことができる。

"We wish you a pleasant journey."

「良いご旅行を」のつもりだろう。ただ、いわゆる日本語の「旅」には、trip、travel、journey などがあって、journey は比較的長期間の旅行を指すように教えられた記憶がある。1時間から2時間足らずの乗車には、いささか大げさだと思う(確かに飛行機に乗りついで海外旅行する方もいらっしゃるだろうが)。"Have a nice trip!" ぐらい「くだけて」いても良いような気がするのだが、英語圏の方々にはどう映るのだろう。

余談だが、いわゆる我々「アラフォー世代」には、「ジャーニー」と聞くと、あの「○○はまだ、16だから~♪」(「センチメンタル・ジャーニー」)の強烈な印象があって、余計笑えてしまうのだ。

あと初めて聞いてびっくりしたのが以下の言葉。終点になると聞こえてくる。

"Thank you for traveling with us. Please be sure to take all your belongings with you. We look forward to serving you again."

前の2文は、「ご乗車ありがとうございました。お忘れ物の無いようにお気を付け下さい。」の意味だろう。日本語では「お忘れ物の無いように」が、英語では「あなたの持ち物を必ず全部お持ち下さい」になるのが興味深い。

それよりも何よりも、やはり強烈なのが最後の文だ。「またのご乗車をお待ちしております」の意味か。確かに昔はそういうアナウンスを日本語で聞いたことがあるような気がするが、最近は「ご乗車ありがとうございました」だけで、ここまでは言わないので、昔の亡霊のような挨拶が英語案内で「復活」した感じがする。確かに「乗せてやっている」という態度は困るが、ここまでへりくだるのもどうかと思う。

また、会社によって、同じアナウンスが違う英文になって翻訳される例もある。「ご乗車ありがとうございます」は、JR東日本は "Welcome aboard XXX(列車名)" だが、東海道・山陽新幹線は単純に "Welcome to the Shinkansen." である。後者は、たぶん開業時からそうだろう。「日本の誇る Shinkansen へようこそ!」という気概が見て取れる。

また、細かいことだが、駅名の発音も各社によって特徴がある。JR東日本のように、英語圏の方が日本の地名を発音するようなイントネーションをつける会社もあれば、東京メトロなどは、日本語と全く同じイントネーションを使っている。

いずれにしても、こうした日本独特の車内アナウンスを翻訳される方々の苦労が偲ばれて、各社を比較してみるのも面白いと思う。

« 「話し言葉人間」と「書き言葉人間」 | トップページ | クリスマスソング »

旅行・地域」カテゴリの記事

言語・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/46841788

この記事へのトラックバック一覧です: 英語車内放送の面白み:

« 「話し言葉人間」と「書き言葉人間」 | トップページ | クリスマスソング »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック