« 「思い」 | トップページ | フレッシュプリキュア!最終回  補遺 »

2010年1月31日 (日)

フレッシュプリキュア!最終回

記憶の薄れないうちに。

管理国家「ラビリンス」の総統「メビウス」の正体は、その国民たちが自分たちの秩序を守るために作り上げた巨大なスーパーコンピュータであった訳だが、これは10年前におよそNHK教育のアニメとは思えない「官能的な」変身シーンで話題になった(その結果、再放送されることのない)「コレクター・ユイ」をほうふつとさせた。

それでも子ども向けのアニメとしては、ずいぶん難しく深いテーマを選び、それを分かりやすい表現で演出したのは、上出来だと思う。メビウスの最期、プリキュアの管理ができなくなったことをきっかけに、国民まで管理できなくなった時に発した問いに対して、タルトが発した「わいはただドーナツをあげただけや」との答えは、非常に秀逸だと思う。

残念なのは、最終決戦に4週も費やす必要があったのか、ということ。家族を一つのテーマにしていただけに、この最終回だけはそれを大事にしてほしかった。タルト、アズキーナ、シフォンはスイーツ王国へ、せつなはラビリンスに戻ることになったが、タルトやシフォンはおよそ1年、せつなに至っては自分の正体を詮索されることもなく桃園家に受け入れられていたのである。「記念写真」一枚だけではあまりにも寂しい。

以前、せつなはこのまま「クローバータウン」に残るのか、ということをS君と話していたが、結局そうはならなかった。やはりせつなは、「ラビリンス」という世界の人間だ。こちらの世界では「管理されていない」人間だということであり、居続けることは難しいのである。このことは、メビウスの「裏返し」とも言えると思ったのは、うがった見方だろうか。

ただ、ウェスター、サウラーとともに、ラビリンスに戻るせつなが、最後に街を見下ろす丘に立って、「さよなら」とつぶやいていたが、唇の動きだけでセリフを入れなかったのは、心憎い演出だと思った。

で、こういう感傷をやすやすと打ち砕いてくれたのが、「バンダイ」のCMである。最終回だとは言え、まだ「ハートキャッチプリキュア!」ではない。こういうねじ曲がった商魂はどうにかならないものか。

« 「思い」 | トップページ | フレッシュプリキュア!最終回  補遺 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/47437599

この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュプリキュア!最終回:

« 「思い」 | トップページ | フレッシュプリキュア!最終回  補遺 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック