« ウソのような青空! | トップページ | 二面性2 »

2010年2月19日 (金)

今日(昨日)の雑詠

22時少し前に無事帰着。朝あれだけ降って積っていた雪は、あっけないほどに消えていた。でもやっぱりこれは詠んでおきたい。

降りし雪の白の深きに驚きて その靴底を楽しみてゐたり

上野駅のCD店で、故マイケル・ジャクソンの追悼のために発売されたのか、彼が提唱者の一人であった「USA for AFRICA」の「We Are The World」のDVDのプロモーション映像が流れていたのを見た。最初に発売されたのは、もう25年も前の話らしい。歌詞の意味はよく知らないが、心に迫ってきて、不覚にも泣いてしまった。人がたくさん通っているので困った。

「We Are The World」の試みは、「キャンペーン」好きな国民性の表れに過ぎぬ、との批判もあるが、それなりに理解できる。しかし同時に、この25年の間に、父子2代の大統領が戦争を仕掛けた国でもある。湾岸戦争の時、ニュース映像を見て涙していた友人の姿が忘れられない。どちらが彼の国の「良心」なのだろうか。

「We Are The World」に涙ぐみたり アメリカよ 汝(なれ)の良心いづれにあらんか

もっとも、その国に盲従するばかりのどこかの国も同じことではあるが。

« ウソのような青空! | トップページ | 二面性2 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/47604894

この記事へのトラックバック一覧です: 今日(昨日)の雑詠:

« ウソのような青空! | トップページ | 二面性2 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック