« 「ハートキャッチプリキュア!」第6話 ファーストインプレッション | トップページ | 雨上がり »

2010年3月14日 (日)

「音」があっても寂しい

TVをつけていても、アニメと一部の番組以外は基本的に音しか聞いていない。あまりにもくだらない番組ばかりだからである。音も聞かずにパソコンをしていたりする。「エコ」には非常に反する生活だと思う。

ただ、「音」がないと無性に寂しくなる時がある。こうしてこの記事を書いている今もそう。そこで、先日購入した「ポール・モーリア」をかけている。

昨日、今日は久しぶりに晴れた週末で、布団を干したり、掃除機をかけたり、買い物をしたり、下手な炊事の下ごしらえをしたりして過ごしていた。動いている時はそれなりに気は紛れるが、少し落ち着いて、明日からのまた一週間を思うと、たまらない。

こういう時に、ポール・モーリアはだめだね。「イージーリスニング」の名に違わず、普通なら「場」を作る音楽が、逆に寂しさを募らせてしまう。それも「禁じられた遊び」とか、「白い恋人たち」とか、「メロディ・フェア」とか切ないのが混じっているので、困ってしまう。でも、あまり元気なものを聞きたい気分でもないし、「スティング」のように少しはリズムに乗ってキーボードを叩ける曲もあるので、このままにしておこう。

・・・なんか、書いていることがはちゃめちゃだ。

いくら「タラララララ~♪」ってかかってもねえ、

鼻歌でポール・モーリアを歌えども 家事は手品のようにはいかぬ

やっぱり寂しいのはどうしようもない、

ただひとりでポール・モーリア聴いている お客のいない喫茶店のよう

« 「ハートキャッチプリキュア!」第6話 ファーストインプレッション | トップページ | 雨上がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/47813083

この記事へのトラックバック一覧です: 「音」があっても寂しい:

« 「ハートキャッチプリキュア!」第6話 ファーストインプレッション | トップページ | 雨上がり »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック