« ノイタミナ「さらい屋五葉」 | トップページ | これから帰省 »

2010年4月25日 (日)

ニッポン全国短歌日和

BS2の午前11時から午後4時半までのこの番組を、日がな一日見て過ごした。もう何年も前から、趣向を変えながらこうした番組は季節ごとに年4回やっていて(俳句版もある)、今までも暇があると見ていたことがある。ただ今までは、「参加」ができなかった。

なぜなら、投稿がずっとFAXに限られていたからだ。しかし、そこは時代の波、「インターネット」や「ケータイ」からの投稿が、いつの時からかは知らないが、出来るようになった。しかも兼題が2週間前くらいから出され、投稿が受け付けられていたので、私も投稿を試みようとしたが、このところの調子の悪さで全く歌が浮かんでこない。

しかし、一般の人が詠んだ歌を鑑賞するのは好きなので、自分のことは半ばあきらめて番組を見ていた。あらかじめ出されていた兼題は「歩く」と「地名をよみこんだ歌」、そして番組が始まってから出された題は「耳」。あきらめて、とは言うものの、とりあえずパソコンは立ちあげておいた。

どんどん紹介される歌。子どものコーナーもあって、その創造力の豊かさに舌を巻いた。そんなこんなしているうちに、腹も空いてきたので、昼食を調達するためにコンビニへ出掛けた。

買い物しながらも、ずっと歌のことを考えていた。今日は幾分暖かかったが、今年の春は桜の頃になってからが寒い。まだ街の桜もところどころ残っているところもある。それでもあと少しすれば5月。「初夏」と呼ばれる季節がやってくる。

そんなことを考えながら、レジの隣を見ると、確か昨日か一昨日くらいまであったはずのものがない。それは「おでん」。そこで、ひらめいたのが次の歌。

コンビニのおでんの鍋のなくなりて 遅き初夏への歩みをぞ知る

投稿の受付は午後1時までなので、昼食を食べた後、あわてて投稿した。そのほかにももう一首。

選者に選ばれるには「一次選考」を通らなければならない。通った歌は逐次、画面の隅に流される。通るはずもないとは思いながらも、やはり気にはなる。しかも通った場合はいつ流れるかもわからないので、なかなかテレビの前からは離れられなかったが、どうしても「もよおす」ものはある。仕方がないので、トイレに行って、戻ってきたら・・・

一次選考を通過した!

あやうく見逃すところだった。思わずガッツポーズ。このところNHKの短歌番組へ何度も投稿しているが、全く箸にも棒にもかからなかったので、自分にとっては快挙だ。もちろん選者に選ばれることはなかったが、本当に久しぶりに気持ちが良かった。それからの3時間も飽きずに見ることができた。

今後もへなちょこながらも少しずつ詠んでいきたいと思う。きっと自分の「何か」のためになると信じて。

« ノイタミナ「さらい屋五葉」 | トップページ | これから帰省 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/48184103

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン全国短歌日和:

« ノイタミナ「さらい屋五葉」 | トップページ | これから帰省 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック