« 常用漢字表改定案のその後 | トップページ | 「さらい屋五葉」サントラ、楽しみでござる。 »

2010年6月 9日 (水)

常用漢字表改定案のその後 補遺

今日、文化庁のウェブサイトに行ったら、答申案が載っていた。昨日問題としていた例については、「字体についての解説」として、ちゃんと触れていた。さすが文化庁、ぬかりはなく、自分の不明を恥じる。

ただ、今まで収録されていた漢字には表題字とともに旧字体が( )書きで載せてあるのに、今回追加になる字(つまり昨日問題として挙げた字)は、一般的には「旧字体」として認識されているものを表題字としていて、普段用いられる字体(通用字体、つまり少し前のJIS漢字)を載せていない。

確かに今回追加になった字は、今まで原則的に使ってこなかったのだから、「新字体」も「旧字体」もないとは言える。しかし、私が「誤解」したように、「真」と「Ten」のように「共通性」や「一貫性」がないように思えてしまう。

これは「JIS漢字表」に引っ張られてしまったせいである。混乱の元はここあるのだから、「常用漢字表」はそこからいっそのこと離れてしまったらどうだろうか。なぜなら我々は普段、字体がJIS字体であるか通用字体であるかは全く意識していないからだ。

つまり、「書けなくても情報機器で扱える漢字」を標榜するのだから、もっと割り切って次の通りにしてしまった方が、非常にすっきりする。 あくまでも表題字は通用字体とし、( )書きにJIS字体を載せるのである。

これに従えば、「Ten」は「つちへん」に「真」、「しんにょう」は「一点」が表題字になる。反対にJIS字体の「Ten」と「二点しんにょう」は( )書きにして「旧字体」とする。こうすれば、一般に認識されている「新字体」と「旧字体」の違いが、今まで収録されていた漢字と一緒になって共通性と一貫性が保たれるし、学校では今まで通り「新字体」を教えれば良いのだから混乱もなくなる。

もちろんパソコンの授業では問題が残ってしまうが、「パソコンでは字体が変わるものがある」と教えれば、「情報リテラシー」上は何ら問題はないと思うし、逆に、児童・生徒の漢字に対する興味が増すことにつながるように思う。

« 常用漢字表改定案のその後 | トップページ | 「さらい屋五葉」サントラ、楽しみでござる。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言語・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/48583532

この記事へのトラックバック一覧です: 常用漢字表改定案のその後 補遺:

« 常用漢字表改定案のその後 | トップページ | 「さらい屋五葉」サントラ、楽しみでござる。 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック