« 不採用報告四題 | トップページ | 休職中の徒然 »

2010年7月20日 (火)

しゃいにーるみなす?

「ハートキャッチプリキュア」、とうとういちばんやってはいけないことをやってしまった。「三人目」の登場である。

「プリキュア5」でセラムン化しまった世界観を、「フレッシュ」を挟んで三年がかりで戻したのに、これでは。

セラムンがしりすぼみになってしまったのは、仲間が増えるにしたがって、初めのうちは目先が変わって良かったものの、次第に「内輪話」になってしまったからである。自分の家族や友達を守るといった指命から、仲間を守ることが第一命題になってしまったといってよい。

プリキュア5でも、だんだんそうなってきた傾向があった。そこでフレッシュでは、人数を減らすと同時に、初めから三人が友達という設定にして、仲間の絆云々よりも周りの人たちとの関係性を重視するように、舵を少し戻したのである。

そのおかげで、フレッシュは「原点に返る」ことができたのである。二人の関係の構築から周囲の人たちとの関係を大事にお話を進めてきただけに、どうして三人目が必要だったのだろう。

今回のお話はわりとよかっただけに、その点が非常に残念だ。

これから素直に鑑賞できなくなりそうだ。

…サソリーナ並に意地が悪いな、俺。

« 不採用報告四題 | トップページ | 休職中の徒然 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

蓮舫「本当に3人も必要なんですか?」

制作側「ダークプリキュアに勝つためには必要な措置です」
れんほー「新しいおもちゃを売りたいだけなんじゃないんですか」
制作側「こども手当を使って頂ければ景気浮揚策になります」
れんほー「それが無駄遣いというんです。しかもあのどうにも取ってつけたようなキャラデザはなんですか。全く似合っていない。景気浮揚策とかなんとか言ってますが、結局はバン○イの意向に添っているだけでしょう」
制作側「それは…しかしもう出してしまったのは仕方ありません。」
れんほー「それでは次回作は人数を絞ること。バ○ダイは制作側への口出しを控えることでお願いします」
… なんてね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/48923079

この記事へのトラックバック一覧です: しゃいにーるみなす?:

« 不採用報告四題 | トップページ | 休職中の徒然 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック