« 私が周囲と違うこと | トップページ | ダウナー状態 »

2010年7月29日 (木)

そういう意味でも淋しいのです。

「適応障害」で有名な方はかのやんごとなきお方。

適応障害の治療法は「本人からストレスとなっている原因を遠ざけること」と言われているが、あのお方の場合は、あのやんごとなきファミリーにいらっしゃること自体が最大のストレスなので、ファミリーからお出になる以外に完治する方法はないと言って良い。でもそれは、まず不可能である。

ストレスになるものを遠ざけると一言で言うのは非常に簡単だが、そのこと自体が、周りにも大変なストレスを与えてしまう。

私も直接の原因として思い浮かぶことはいろいろあるし、医者やカウンセラーに話したりしたが、サラリーマンである以上、上司や同僚も同様な悩み事を抱えている訳で、単なる「わがまま」と受け取られているのだろう。

« 私が周囲と違うこと | トップページ | ダウナー状態 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/49005796

この記事へのトラックバック一覧です: そういう意味でも淋しいのです。:

« 私が周囲と違うこと | トップページ | ダウナー状態 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック