« 行ってきた | トップページ | 復帰準備 »

2010年8月15日 (日)

今日の雑詠

何故にこんなに切ないけど優しい。

「Chiquitita(チキチータ)」と「You've got a friend(君の友達)」で癒される 親指(メール)で社会と繋がっている日々


私も「遺族」です。

終戦忌今の平和の礎に 名もなき兵士の祖父を思ひき

« 行ってきた | トップページ | 復帰準備 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

ケータイからコメントします。うまくいくかな?

私の祖父は昭和20年5月に旧ビルマ・パガンで戦死しました。どれが誰の骨かもわからず今は靖国です。悲惨です。

社会との接点が親指だけとのことですが、自分ができることはたくさんありませんか?

今私は田舎にいますが、洗濯班です。陽射しが強くすぐ乾くので助かってます。
いろいろなリモコン、あいつら電池がないとどうしようもないね。本体にボタンがなくて操作できない。本体は無駄に丈夫みたいですが…。

店番、通院の付き添い、買い出し班。班員、班長は私ひとりですが。

何か炊事班も任されそうな勢いです。その時は、教えてもらったゴーヤと豆腐の炒めものを披露します。

私の祖父は、昭和19年11月に戦死ということになっています。海軍なので場所も「比島(フィリピン)方面」というだけで詳しいことは全く分かりません。戦死しても遺骨などが戻らないことを覚悟してか、「爪」を応召時に残してあったのを最近発見し、墓に納めました。職業軍人ではない一兵卒は、本当に悲惨です。

買い出しは担当してはいませんが、夕食当番が三日に一回回ってきます。決まったものしか作れないので、困っています。そういう意味でも母親はすごいと思います。

戦死した時期や場所から、祖父は、インパール作戦に参加したと思います。この作戦が無謀なもので、むごたらしいものだったかを知り、私は悲惨と書きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/49152917

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の雑詠:

« 行ってきた | トップページ | 復帰準備 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック