« 映画「おにいちゃんのハナビ」 | トップページ | 急激に秋 »

2010年9月12日 (日)

「とどまる」?

「日本振興銀行」という銀行が破たんし、初の「ペイオフ」が実施されることになったというニュースが昨日あった。

「ペイオフ」とは、1千万円以上の預金をしている場合に、1千万円を超える分については戻ってこない可能性があるということだそうだが、その対象者数について、今日まとまったという。

それについてのNHKニュースを聞いていると、ペイオフの対象者は「3400人余りで、預金者全体の2.7%にとどまることが分かりました」とのこと。しかし、なにかこの表現はおかしくはないか。

単に「3400人余りで全体の2.7%ということが分かりました。」で良いではないか。当事者は大変な思いをしているのに、こんな「とどまる」などという表現を使っては、「全体からみれば微々たるもの」というようなことを暗に言っているのと同じである。第三者がこんなことを言っていいのか。

こういう実害を伴うようなニュースの場合は、淡々と事実のみを伝え、全ての視聴者が不快にならないような表現をマスコミはしなくてはならないと思う。

« 映画「おにいちゃんのハナビ」 | トップページ | 急激に秋 »

言語・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/49429503

この記事へのトラックバック一覧です: 「とどまる」?:

« 映画「おにいちゃんのハナビ」 | トップページ | 急激に秋 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック