« 「ハートキャッチプリキュア!」第34話 ショートインプレッション | トップページ | 疲れ »

2010年10月 3日 (日)

「おにいちゃんのハナビ」再び

先月の新潟先行上映で鑑賞した映画を、県内で唯一かかっている県南の街のシネコンで再び鑑賞した。くしくも、その街で花火大会が昨日あったばかりだ。

大方のあらすじは頭に入っているので、冷静に鑑賞できるかと思ったら、やっぱり泣かされてしまった。

改めて観て、この映画は「家族の再生」を描いているのだ、と思った。その象徴が「食卓」だ。しかし、妹のおかげで兄が完全に引きこもりから脱出でき、その努力を両親が認めた時にはすでに遅く、妹だけがそこにいない。だから涙を誘う。しかし、妹は再生された家族の永遠の「支柱」となったのだ。

同じ館内からは、すすり泣きの声がかなりしていた。見ず知らずの人たちが、同じ空間で一緒に涙を流しているのは、非常に不思議な感覚だった。

世間の評判も良いようだ。上映館が少ないのは残念だ。これからでも増えていって欲しいと願う。

« 「ハートキャッチプリキュア!」第34話 ショートインプレッション | トップページ | 疲れ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/49641090

この記事へのトラックバック一覧です: 「おにいちゃんのハナビ」再び:

« 「ハートキャッチプリキュア!」第34話 ショートインプレッション | トップページ | 疲れ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック