« パソコンの歴史を変えた日 | トップページ | 次回作 »

2010年11月28日 (日)

「ハートキャッチプリキュア!」第41話 ショートインプレッション

とにかく、プロの保育士であるのりこ先生よりも落ち着き払って、子どもたちを御する(と言っていいのかな)、ゆりが印象に残りました。確かに素人にあそこまでされてしまったら、自信を一気に失いますよね。ツイッターにも「プリキュアが心の花を枯らしている」なんて、面白いことを言うツイートがありました。

のりこ先生は子どもたち皆に嫌われたくなくて、あまり強いことも言えず、結果、子どもたちに振り回されてしまっていました。どんな職業でも、どんな人間関係でも、同じことが言えます。ただ、「毅然」とすべき時にそうするというのは、難しい。これができないから、どんどん悪循環に陥ってしまうのだと思います。

それについての「答え」は提示されていません。「ハートキャッチプリキュア」は、敵を倒すことが答えではなくて、また問題提起に対する答えを提示するわけでもなくて、何かを視聴者の心に残すように作られています。ただ、今回についても、私には答えが見つかりません。

毎回のように考えさせられるのに、ここにまともなことが書けないのが情けないです。

« パソコンの歴史を変えた日 | トップページ | 次回作 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/50151695

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハートキャッチプリキュア!」第41話 ショートインプレッション:

« パソコンの歴史を変えた日 | トップページ | 次回作 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック