« 心理テストの結果 | トップページ | 「ハートキャッチプリキュア!」第44話 ショートインプレッション »

2010年12月12日 (日)

「ハートキャッチプリキュア!」第43話 ショートインプレッション

冒頭いきなり不穏なBGMで始まりました。つぼみのお母さんが入院したのです。でも、それは「おめでた」でした。今まで一人っ子だったつぼみは「おねえさん」になるのです。

いつも言葉遣いが丁寧なつぼみですが、両親にも「敬語」を使うことに、今日改めて気がつきました。自分に弟か妹ができるという喜びはもちろん、お母さんが実家に戻って家事に奮闘したり、お父さんのお店を手伝ったり、と、つぼみは家族のことが大好きではあるのですが、どこか遠慮がちです。

今日のゲストキャラはカスミちゃん。妹ができたことで、両親が自分にかまってくれなくなったことを寂しく思っていました。子どもにはよくある「嫉妬」です。それをクモジャキーに付け込まれてしまいました。

ブロッサムは戦闘の中で、「どんな子どもも愛があって生まれてくるのです」と、デザトリアンに諭します。昨今「児童虐待」が喧しいので、本当は当たり前であるはずのこのセリフが、重たく聞こえました。少女向けのアニメですら、こんなことを言わなければならないなんて、嫌な世の中になったものです。

同時に、両親に対しても遠慮がちなつぼみは、自分自身を納得させているようにも聞こえて、見ているこちらは複雑な感情を覚えました。弟か妹が生まれたら、つぼみにも新たな変化が訪れるのかもしれません。前にも同じようなことを書いたような気がしますが、つぼみには、なかなか昇華できない複雑な心の痛みがあって、最終話に向けてそれが一つのキーポイントになるような気がします。

来週はクリスマス話。ツイッターでは「クリスマス中止回」と言う書き込みがたくさん(笑)。「キュアフラワー」が復活するとは、プリキュアの最年長記録の最長不倒距離を叩き出すということでしょうか。

« 心理テストの結果 | トップページ | 「ハートキャッチプリキュア!」第44話 ショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/50278653

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハートキャッチプリキュア!」第43話 ショートインプレッション:

« 心理テストの結果 | トップページ | 「ハートキャッチプリキュア!」第44話 ショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック