« 心情的にはすっかり侵略されてしまったじゃなイカ! | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月26日 (日)

「ハートキャッチプリキュア!」第45話 ショートインプレッション

クリスマスの夜に降臨したデューン。力をキュアフラワーに封印されていましたが、それでもプリキュアたちを一ひねりです。とうとう封印されていた力を取り戻し、ココロの大樹を枯れさせ、地球を一瞬のうちに砂漠化してしまいます。この前半までの展開、正直、かなり辛いものでした。子どもたちには、とても怖かったのではないかと思います。

砂漠化は、暮らしている人間たちをもクリスタルに変えてしまうほどのものでした。誰もいなくなってしまった街を見て呆然とするつぼみ、えりか、いつき、ゆりの4人。しかし、遠くからえりかを呼ぶ声が。

もも姉でした。それとともに生き残った(?)人たちが姿を現しました。つぼみたちは、その人たちに勇気をもらって、デザートデビルを倒し、いざ、デューンの待つ惑星城へと乗り込みます。最終決戦の火ぶたが切って落とされました。

今回気になった点は、生き残った人たちのこと。面々を見ると、過去に砂漠の使徒によってココロの花を抜かれてデザトリアンにされてしまった人たちでした。どうやら、プリキュアによって助けられたことによって、心を強く持つことができるようになったことが、クリスタル化を防いだようです。

ということは、心配なのは、そう、つぼみです。えりかといつきは過去にデザトリアン化されています。ゆりは、妖精コロンを失った悲しみでココロの花を枯れさせてしまっていましたが、ココロの大樹のおかげで、コロンの幻影と出会えて、自分を取り戻すことができました。

つぼみだけ、ココロの花を奪われたりした経験はありません。それでも今回、クリスタル化しなかったのは、プリキュアだから、ということもあるのでしょうが、説明がつきません。それだけ芯が強いのだ、とも言うことができるのかもしれませんが、逆に言えば、それだけ「脆さ」「危うさ」を抱えていると言えるでしょう。

前作の「フレッシュプリキュア」では、最終決戦に1ヶ月もかけたことが「長すぎる」と感じました。しかし今回の「ハートキャッチ」では、このつぼみの心の謎(反対に言えば闇)を解明するには、短すぎるような気がします。次回はコブラージャとクモジャキーの退場の話ですから、残り3話でどこまでその謎に近づくことができるのか、注目です。

« 心情的にはすっかり侵略されてしまったじゃなイカ! | トップページ | 謹賀新年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/50402901

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハートキャッチプリキュア!」第45話 ショートインプレッション:

« 心情的にはすっかり侵略されてしまったじゃなイカ! | トップページ | 謹賀新年 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック