« 「ハートキャッチプリキュア!」第48話 ショートインプレッション | トップページ | まだハトプリが続いているような。。。 »

2011年1月30日 (日)

「ハートキャッチプリキュア!」第49話(最終回) ショートインプレッション

万感の思いを込めて最終回を見届けました。さわやかな、そして「ハートキャッチ」らしい最終回だったと思います。

オーケストラさん(仮称)のメリケンサックでもデューンは倒れませんでした。それどころか、ますます憎しみを募らせ、巨大化してしまいます。雄たけびを上げ、地球をこぶしで殴りつけます。これは、オーケストラさん(仮称)の「愛」のこぶしとは正反対のものです。

それを見ていたマリンが、「笑っちゃうよね、たった14歳の美少女がデューンと戦うなんて」「ちょっくら地球を守ってこよう」。ここまで緊迫して絶望的な状況で、こういう軽口が叩けるマリンは、本当にすごいと思います。サンシャインの「ゆりさんは17歳だよ」というツッコミも利いています。

先に地球にむかったマリンとサンシャインを見送った後、ブロッサムはムーンライトに先ほどの「無礼」(叱咤したこと)を詫びます。ムーンライトは「あなたの優しい気持と思いやりの心が私に大切なものをくれたのよ」と優しく微笑みかけてくれました。この時、ムーンライトはブロッサムに歩み寄り、優しく肩に手をかけてくれるのですが、その前にシプレがそっと肩から離れるます。こういう描写は、小さなこともないがしろにしない「ハートキャッチ」の作品の良いところだと思います。

ブロッサムは感激します。よほどムーンライトが好きで憧れなんでしょうね。そしてマリンとサンシャインの後を追います。

巨大化したデューンと対峙した4人。「悲しみが終わらないのは私たちの力が足りないから。憎しみが尽きないのは私たちの愛がまだ足りないから」、4人+3妖精が力を合わせると、なんと巨大なプリキュアが誕生しました。「無限シルエット」。この展開はびっくりです。

無限シルエットは慈愛の表情に溢れ、ひるんだデューンのこぶしを撥ねつけます。そして繰り出すは、「くらえ、この愛!プリキュアこぶしぱんち!」。こぶしでパンチは当たり前ですが、今まで「おしりぱんち」や「からだぱんち」、「ぜんぶぱんち」というギャグ技をやってきたので、こういうシリアスな場面でもユーモアを忘れないスタッフに脱帽です。ところで、パンチと言っても、少し小突いただけのような感じでしたが、大爆発が起きて、Aパートは終わりました。

Bパートはすっかり元通りになった街の表情から始まりました。つぼみに待望の妹「ふたば」も誕生したようです。それからはつぼみ、えりか、いつきの何げない会話がとてもさわやかです。

「私たちはすごいことをしてしまった。たった14歳の美少女が地球を守ってしまった」 ここまでてらいなく自分たちを自画自賛するプリキュアも今までなかったですね。あとは夢や人生を語ったり。。。 私は人生をまじめに考えたことがあったでしょうか。恥ずかしいです。

・・・・ もう、なんかめちゃくちゃになってしまいました。何を書いてもだめだ。

「こぶしパンチ」で、デューンは愛を受け取ったのですね。笑みを浮かべて消えていきました。元サソリーナは幼稚園の先生、元クモジャキーはいつきの道場に入門、元コブラージャはデザイナーになったようです。ここまでは「救済」されました。

しかし、ダークや月影博士は救済がありませんでした。全て「めでたしめでたし」とはならないことを、小さな子どもたちにも理解させようとするためでしょう。

最後には、少し成長したふたばと思われる女の子が、プリキュアの写真を見ながらココロパヒュームを握りしめているシーンがありました。「プリキュア」は営々と受け継がれていくものなのですね。ただ、とりあえずデューンが消えた今、また地球に何が立ちはだかるのか分かりませんが。

-----

登場人物で成長著しかったのはえりかでしょう。初めの頃のえりかの印象は最悪でした。しかし、その「ずうずうしさ」が、他の仲間との出会いで良い方向へ昇華され、どんなにピンチの時でもめげないムードメーカーとなっていきました。

いつきは、初めは明堂院流の後を継がなければ、とか、生徒会長として自らをまず律しなければ、という意識が強すぎました。しかし、ポプリと出会って、プリキュアになってからは、自分の「思い」に正直になっていきました。

ゆりは、世の中の孤独をすべて背負っているようでした。父が行方不明になったこと、プリキュアとして一度は敗れたことが、そうさせていたのでしょう。仲間ができてからも、自分の役割(後輩を叱咤する)を意識するあまり、冷たい印象がずっと付きまとっていましたが、最後は後輩たちを一人一人のかけがえのない仲間として認めることができるようになりました。

つぼみは・・・ すごく難しいです。引っ込み思案で恥ずかしがり屋の性格は、多分完全には払しょくできていないとは思います。ただ、その内省的な優しい性格は、仲間を思いやる力、ひいては敵でさえ同情し救おうとする力に昇華できたのだと思います。ただ、つぼみの「心の花」について、全く触れられることがなかったのは、残念だと思います。

---

途中すっとばしたところもあるにはあるのですが、歴代のプリキュアシリーズで、ほぼ一年を通じて鑑賞したのは、「ハートキャッチプリキュア!」が初めてです。それは、中だるみがほとんどなく、常に良質なものを届けたいというスタッフの思いが強く感じられる作品だったからでしょう。癖があって初めはなじめなかった絵柄も、最後にはカッコよく感じられたのも不思議です。

エンドカードが「ありがとう」でした。こちらこそ、スタッフの皆さんに万感の思いを込めて「ありがとう」を言いたいです。お疲れ様でした。

« 「ハートキャッチプリキュア!」第48話 ショートインプレッション | トップページ | まだハトプリが続いているような。。。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/50731469

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハートキャッチプリキュア!」第49話(最終回) ショートインプレッション:

« 「ハートキャッチプリキュア!」第48話 ショートインプレッション | トップページ | まだハトプリが続いているような。。。 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック