« まだハトプリが続いているような。。。 | トップページ | 「スイートプリキュア♪」第2話 ショートインプレッション »

2011年2月 6日 (日)

「スイートプリキュア♪」第1話 ショートインプレッション

今日からいよいよ「スイートプリキュア♪」が始まりました。

実質Aパートと言えるくらい長く費やしたアバンで、今作の物語のきっかけをじっくり説明してくれました。こういうのも珍しいのではないでしょうか。

まだ第一話なので、感想らしい感想はほとんどないのですが、気になる点をいくつか。みんな「対」になっているのが面白いです。

メイジャーランドで開かれている音楽会にマイナーランドのメフィストが乱入してくるところから物語が始まるのですが、「伝説の楽譜」を不幸のメロディに書き換えられたり、緊急避難措置で音符を逃がしたりする場面で、アフロディテはそれほどあわてている風には見えませんでした。この感じでは、元々、二つの国はそれほど仲が悪かったわけではないのでしょう。

音楽には言うまでもなく長調と短調があってそのどちらかだけでは面白くないのですが、今のところ悪者になっているマイナーランドは、どういう理由でメイジャーランドと仲が悪くなったのかおいおい説明されるでしょう。

ハミィとセイレーンの二匹の妖精猫。こちらも元々仲が悪いわけでもなさそうです。ただ、セイレーンがハミィを一方的にライバル視しているようです。アフロディテの様子からセイレーンは元々はマイナーランドの住人ではなさそうですし、多分、演奏会で伝説の楽譜を歌う歌姫に選ばれなかったことを憎んでいるのではないでしょうか。

そして主人公の響と奏。この二人も仲良しであったのに、今はいがみ合ってしまう仲。今まで主人公は、初めて出会ったパターンが多かったのに対して、この設定は新しいです。

今日は変身シーンで終わりました。初代、SplashStarの時のように、二人一組でないと変身できない設定に戻ったのでしょうか。これから仲間が増えていくのでしょうが、まずは「原点回帰」を目指しているようです。

分からない点があります。響と奏は胸に「ト音記号」があったためにプリキュアになれたのですが、そのト音記号の意味や、どうして彼女たちにそれがあったのかの説明がありませんでした。このあたりは今後明かされていくのでしょう。

音楽がテーマだけに、BGMにもクラシック調があったりと、かなり気合を入れているようです。声優さんたちもセリフのハモりが多かったりして、今まで以上に息の合ったところを見せないといけないですね。

物語は「調和」を目指していくことになりそうです。さてこれからどんな「組曲」を奏でてくれるか、楽しみにしていきましょう。

« まだハトプリが続いているような。。。 | トップページ | 「スイートプリキュア♪」第2話 ショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/50790608

この記事へのトラックバック一覧です: 「スイートプリキュア♪」第1話 ショートインプレッション:

« まだハトプリが続いているような。。。 | トップページ | 「スイートプリキュア♪」第2話 ショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック