« 「スイートプリキュア♪」第1話 ショートインプレッション | トップページ | 黒歴史も払しょくか »

2011年2月13日 (日)

「スイートプリキュア♪」第2話 ショートインプレッション

変身した二人ですが、全く息が合わず、それをお互いのせいにして、結局音符は奪われてしまいました。

二人のケンカの理由は入学式のときに、待ち合わせをしたのにお互いが会えなかったことにありました。ただ、その理由をどちらもが意地を張って、聞かなかったことが、ここまでこじれてしまった原因でしょう。

奏とけんか別れするような形で校門を出た響は、泣いている女の子を見つけます。校門から3本目の桜の木の下で友達と待ち合わせたのに会えないということでした。響が慰めようとしても上手くいかなかったところに、いつの間にか奏がやってきて、別のところへ連れていきます。そこにも校門があって、桜並木がありました。果たしてその3本目に友達はいたのです。

響と奏が入学式のときに会えなかったのは、それと全く同じ理由でした。お互いの誤解が解けた時に、ネガトーンが現れます。

二人は変身します。今度はぴったり息があって、見事なコンビネーション技で無事に音符と大切なレコードを取り戻すことができました。

以上はあらすじなのですが、設定が本当に先祖がえりしたのだな、と改めて思いました。変身は二人一組でないとできません(これを敵のメフィストが説明するのもなんか妙ではありますが)。また、必殺技も、タクトのような道具から発射されるのではなく、二人がしっかりと手をつないだところから発射されます。それだけに二人の仲の良さが、今後の鍵となっていくのでしょう。

ただそれだけに、敵側はどうにかして二人の仲を裂こうとするでしょうし、来週はまた響が音楽嫌い(意地を張っているようにしか見えませんが)ということで、二人にいざこざが起こるようです。

それ以外には、大人しめで完璧超人のような奏が「肉球マニア」であったこととか、愉快な設定がありました。ハミィと手をつないだ時、周りを黒くしてそこだけ抜いた演出も利いていました。

もうしばらく説明的なお話が続くでしょうが、どういう展開が待っているのか楽しみにしたいと思います、

« 「スイートプリキュア♪」第1話 ショートインプレッション | トップページ | 黒歴史も払しょくか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/50856659

この記事へのトラックバック一覧です: 「スイートプリキュア♪」第2話 ショートインプレッション:

« 「スイートプリキュア♪」第1話 ショートインプレッション | トップページ | 黒歴史も払しょくか »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック