« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

「スイートプリキュア♪」第7話 ショートインプレッション

楽器職人の音吉さんが仕事場に忘れていった、孫がプレゼントした人形型財布を、響と奏が届けようとしますが(もちろん喧嘩しながら)、音吉さんの予測できない行動に振り回されるというあらすじ。しかし、その音吉さんは全て分かっていた上で、二人を振り回していたというオチ。

話としてはこれだけ。どうしても物足りなさだけが残ってしまいます。はっきり言って全く面白くありません。別に重い話をしなくてもいいから、もっとわくわくするようなお話にならないでしょうか。ここを訪ねて下さる方は、どう思っていらっしゃいますか?

2011年3月21日 (月)

10日ぶり

ようやく水道が復旧した。10日ぶりに風呂に入った。

いつもより多く湯を張り、このところ緊張しっぱなしだった体を沈めた。

さっぱりした。こころなしか一息ついた心持ちだ。

明日からは自炊に戻ろう。水の有難みが身にしみた10日間だった。

2011年3月20日 (日)

「スイートプリキュア♪」第6話 ショートインプレッション

震災後初めての、2週間ぶりのプリキュアである。L字情報が流れるが、こうして通常番組が帰ってくることは、非常に良いこと。プリキュアファンの女の子たちには、とても嬉しかっただろう。

その2週間ぶりのプリキュアであるが、自分が震災で不安にさいなまれているせいもあるのかもしれないが、全く面白くなかった。

話のあらすじは、奏の姉弟愛が主軸。それにしても、冒頭から無愛想な眼鏡少女を登場させておいて、物語の後半は全く触れずじまい。ものすごく話としてバランスが悪い。新しい力(おもちゃ)の登場も唐突で、必然性がない。

また、きょうだいのいない寂しさから響は、奏の弟をかばうのだが、それがきっかけで喧嘩になるのはともかく、その後の仲直りにいたる過程は全く理解できなかった。

もう少し何とかならないものかなあ。

2011年3月17日 (木)

片付け

今日、職場の片付けのために招集された。ほぼ一週間ぶりの出勤。

私の職場の建物は古く、耐震性の問題がずいぶん前から言われていたが、今回の震災で倒壊は免れたものの、やはりかなりのダメージを負ったらしく、建物の半分は「立ち入り禁止」で移転を余儀なくされるとのこと。ただ、私のいるフロア自体は大丈夫で、そのためにフロアの片付けだけを先に行うためだった。

ひっくり返った書類やパソコンのモニタなどを整理した。書架などは転倒防止対策が施されていたので転倒はしなかったものの、歪んでしまったものもあった。震災直後の状態のまま放置してきたので、改めて今回の地震の大きさを思い知らされた。

普段はあまり話をしなくても、一人でいるよりは、やはり何人かと人たちといる方が、気持ちが楽になる。ニュースを見聞きしていると鬱な気分になって仕方がなかったが、同じニュースの話題でも、気楽に話すことができる。その意味でも、今日の出勤は良かった。

2011年3月15日 (火)

震災5日目

本当はいろいろ書きたいことがある。しかしまとまらないので、これだけ。

あの地震の揺れは思いだすだに震えが来る。その晩は余震も多く、一睡もできなかった。今でも余震があるが、大体の震度が分かるくらい、敏感になっている。

電気は一昨日の18時頃復旧した。給水のために市役所の駐車場に並んでいたが、明かりがついて、辺りが明るくなった時、歓声が上がった。明かりと言うものがどれだけ人の心に安心をもたらすものかを改めて知った。

水道は未だ復旧しない。めどが立っていない。職場は昨日、今日、明日と自宅待機となっている。

地震直後は停電で全く情報が入らず、どういう状況なのか全く分からなかった。しかし、東北を襲った大津波の被害を知り、本当にこれから日本はどうなってしまうのかと不安になる。

被災された方々に心からお見舞い申し上げます。どうか多くの人命が救われますよう、そして、一日も早い復興ができますよう、心からお祈りしています。

2011年3月 6日 (日)

「スイートプリキュア♪」第5話 ショートインプレッション

冒頭、クラゲのようなネガトーンとの格闘シーンから始まりました。しかし、二人は全く息が合いません。必殺技「パッショナートハーモニー」を撃とうとしますが発射できません。この時、いつもの必殺技バンクのタイミングをわざわざずらして、二人の息の合わなさを表現したのは芸が細かく、面白いと思いました。

「ハーモニーパワー」を高めるためには二人で音楽の練習をすることがいちばんとハミィから聞いて、奏が響に練習をすることを持ちかけますが、響は面倒くさがって、結局喧嘩になってしまいます。

家に戻った響は、TV電話(Skypeかな?)で母親から、奏と一緒に加音町のTVレポートをするよう無茶ぶりをされます。

響と奏は断るつもりだったのに、響はピザの食べ放題、奏は音楽王子隊のレポートにつられて結局引き受けてしまいます。しかし、TVカメラの前で喧嘩を始める始末。しかもめちゃくちゃ。

一方その様子を見ていたセイレーンは、TVを乗っ取って、不幸のメロディーを流す計画を立てます。いろいろ鏡の前で変装しますが、どれもこれも気に入らず、自分でノリツッコミしている様子がおかしかったです。

そんなこんなで二人のレポートは進みますが、この街は本当に音楽で溢れているんですね。

音楽王子隊へのレポートの後、町の時計塔のからくり人形に見とれていた女の子が手を離してしまった風船を見事な連係プレーで捕まえます。ハミィがカメラに音符がついているのに気がついた時、セイレーンが邪魔に入ります。セイレーンも音符に気がついて、ネガトーン召喚。二人は変身します。

心を一つにすることの大切さに気がついた二人は見事ネガトーンを倒します。仲直りとなって、二人でピアノを練習することになりますが。。。。 響は小3のときからピアノを触ってなかったので、結局息を合わせた演奏ができない、というオチでした。

今日は非常に楽しい回でした。こんな感じで次回以降もいってくれたらと思います。ただ次回は、新しいおもちゃの登場のようです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック