« 「つながっている」という安心 | トップページ | 震災2ヶ月 »

2011年4月24日 (日)

「スイートプリキュア♪」第11話 ショートインプレッション

セイレーンは前回感じてしまった王子先輩の「ぬくもり」にすっかり腑抜てしまっていました。月を見上げてため息です。そこをメフィストにとがめられ、リーダーを首にされてしまいます。新しいリーダーはバスドラとなりました。セイレーンは夜の街に単独行動へ出てしまいます。

翌日、加音町は楽器の練習をする人で溢れていました。「音楽自慢大会」が開かれることになったのです。肉屋のおばさんにそれを聞いた響と奏の二人は、ピアノの連弾で出場することに決めました。二人は夜まで気合いを入れて練習します。

大会の当日になりました。ハミィは音符のにおいを感じています。お昼になっていよいよ開催時刻となったはずですが、審査員が見当たりません。するとステージ上にバスドラが現れ、不幸のメロディを歌い始めます。町の人たちは泣きだしてしまいました。

実はこの大会はバスドラが仕掛けた罠で、大会自体は本当はなかったのでした。バスドラは音符がたくさん集まると思って、ポスターまで手作りするという手の込んだ作戦を仕掛けたのです。そこに参加者のシンバルに音符を見つけ、ネガトーンを召喚します。

絶対に許さない二人は変身します。しかし二人は苦戦します。そこへキュアモジューレの音が鳴り響きます。そこには仮面の人が立っていました。

この仮面の人は、ネガトーンの動きをまるで読んでいるかのように、リズミカルな動きで、ネガトーンの攻撃をかわしていきます。そして、光の鍵盤でネガトーンの動きを止めてしまいました。それを見たリズムは、ミュージックロンドでネガトーンを浄化したのでした。

仮面の人は塔の上に立って二人を見ていました。脇からフェアリートーンが出てきました。ということは、この人もプリキュアということでしょうか。そのフェアリートーンによると、この人は「キュアミューズ」という名だそうです。二人はお礼を言いますが、フェアリートーンは誰の味方でもないと言って、ミューズは立ち去ってしまいます。

その夜、アジトにセイレーンが帰ってきます。バスドラはどこへ行っていたと詰問しますが、答えません。セイレーンはどこで何をしていたのでしょうか。

あたらしい「プリキュア」が登場しました。一言もしゃべらなかったので推測するしかないのですが、正体は巷で言われているように(略)という可能性が大きいです。しかし、それにしてはフェアリートーンがいるということや、心にト音記号がなければ現れないはずのキュアモジューレがあるということで、説明が難しいです。今後、このキュアミューズの正体探しが一つの鍵になっていくのでしょう。

また、奏の弟奏太といつもいっしょにいて音楽嫌いを言ってはばからない、無愛想な「アコ」や、パイプオルガンの職人「音吉さん」が、加音町の何かを握っているような気がします。

それにしても、今回のエンドカードは(爆)。Windows付属の「ペイント」でマウスを使って描いたようでした。

« 「つながっている」という安心 | トップページ | 震災2ヶ月 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/51480453

この記事へのトラックバック一覧です: 「スイートプリキュア♪」第11話 ショートインプレッション:

« 「つながっている」という安心 | トップページ | 震災2ヶ月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック