« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

「スイートプリキュア♪」第11話 ショートインプレッション

セイレーンは前回感じてしまった王子先輩の「ぬくもり」にすっかり腑抜てしまっていました。月を見上げてため息です。そこをメフィストにとがめられ、リーダーを首にされてしまいます。新しいリーダーはバスドラとなりました。セイレーンは夜の街に単独行動へ出てしまいます。

翌日、加音町は楽器の練習をする人で溢れていました。「音楽自慢大会」が開かれることになったのです。肉屋のおばさんにそれを聞いた響と奏の二人は、ピアノの連弾で出場することに決めました。二人は夜まで気合いを入れて練習します。

大会の当日になりました。ハミィは音符のにおいを感じています。お昼になっていよいよ開催時刻となったはずですが、審査員が見当たりません。するとステージ上にバスドラが現れ、不幸のメロディを歌い始めます。町の人たちは泣きだしてしまいました。

実はこの大会はバスドラが仕掛けた罠で、大会自体は本当はなかったのでした。バスドラは音符がたくさん集まると思って、ポスターまで手作りするという手の込んだ作戦を仕掛けたのです。そこに参加者のシンバルに音符を見つけ、ネガトーンを召喚します。

絶対に許さない二人は変身します。しかし二人は苦戦します。そこへキュアモジューレの音が鳴り響きます。そこには仮面の人が立っていました。

この仮面の人は、ネガトーンの動きをまるで読んでいるかのように、リズミカルな動きで、ネガトーンの攻撃をかわしていきます。そして、光の鍵盤でネガトーンの動きを止めてしまいました。それを見たリズムは、ミュージックロンドでネガトーンを浄化したのでした。

仮面の人は塔の上に立って二人を見ていました。脇からフェアリートーンが出てきました。ということは、この人もプリキュアということでしょうか。そのフェアリートーンによると、この人は「キュアミューズ」という名だそうです。二人はお礼を言いますが、フェアリートーンは誰の味方でもないと言って、ミューズは立ち去ってしまいます。

その夜、アジトにセイレーンが帰ってきます。バスドラはどこへ行っていたと詰問しますが、答えません。セイレーンはどこで何をしていたのでしょうか。

あたらしい「プリキュア」が登場しました。一言もしゃべらなかったので推測するしかないのですが、正体は巷で言われているように(略)という可能性が大きいです。しかし、それにしてはフェアリートーンがいるということや、心にト音記号がなければ現れないはずのキュアモジューレがあるということで、説明が難しいです。今後、このキュアミューズの正体探しが一つの鍵になっていくのでしょう。

また、奏の弟奏太といつもいっしょにいて音楽嫌いを言ってはばからない、無愛想な「アコ」や、パイプオルガンの職人「音吉さん」が、加音町の何かを握っているような気がします。

それにしても、今回のエンドカードは(爆)。Windows付属の「ペイント」でマウスを使って描いたようでした。

2011年4月19日 (火)

「つながっている」という安心

月1回の通院日だった。震災後初めて電車に乗った。

乗っていると、ところどころスピードが落ちる箇所がある。そこに被害があったのだ、ということが分かる。それに加え、今日は強風のための徐行もあって、遅れが拡大してしまった。

特急は朝・夜の数本を除き、全て勝田での折り返し。本数も半分程度である。だが、久しぶりに特急の姿を見た時、本当にホッとした。

「つながっている」という安心。これはどんなことでも言えるが、何物にも代えがたい。余震が頻発するなか、復旧作業に懸命に当たって頂いたJRの方々に、心からお礼を申し上げたい。

2011年4月17日 (日)

今年の桜

14日頃に満開を迎えた桜。

110415_072608 110417_102504

「スイートプリキュア♪」第10話 ショートインプレッション

響と奏の連弾練習も上手くいくようになって、二人はハーモニーパワーが十分高まったと満足。今後の練習は必要ないとします。

それを聞いた響のお父さんは、何やらドイツ語でつぶやき、幼稚園の合唱の練習の先生を手伝ってほしい、と言います。

奏をつき合わせて(奏自身は王子先輩が一緒なので嬉しい)一緒に幼稚園に行ったものの、子どもはてんでバラバラな感じで、全く言うことを聞いてくれません。お父さんに助けを求めるものの、今怒っても言うことを聞く状態ではない、と取り合ってくれません。

翌日、街角で音符を見つけたセイレーンは捕まえようとして車道に飛び出し、危うく車にはねられそうになったところを、王子先輩に助けられます。初めて「抱っこ」されて「ぬくもり」を感じたセイレーンは、めくるめく世界に行ってしまいます。その様子を見ていたバスドラは、セイレーンを見限り始めました。

一方、幼稚園での合唱練習。やはり言うことを聞いてくれないので、響は「なんでもするからちゃんと歌って」と言いますが、園児からはゴリラの真似をしてほしいをリクエストが。「ここで決めなきゃ女がすたる」とばかりに響はしますが、結局はもっとやってほしいとのさらなるリクエスト。お父さんが皆で一緒にやろうと、王子先輩も含めてみんなゴリラダンスをするはめになってしまいます。その様子をセイレーンが見ていました。

またその翌日。息が合わない園児たちを前に、再び、響はゴリラのまねで歌い出します。園児にそのまねをさせて、徐々に合唱にもっていきます。またその様子をセイレーンが見ていました。

そんなこんなで発表会は成功。園児たちはまだ歌いたいといいます。響は目的が達成したので終わりだと言いますが、お父さんは「音楽に目的はいらない。楽しめば良い」(ドイツ語もその意味だったんですね)と響を諭します。歌は好きなように歌いたいように歌えばよいと、二人は気付くのでした。

すると二人の園児が、響と奏にゴリラのぬいぐるみをプレゼントしてくれました。そこに音符がついているのを、どこかで見ていたセイレーンが気がつき奪おうとしますが、そこに王子先輩がやってきて気付かれてしまいます。セイレーンは襲撃を戸惑ってしまいます。

そうこうしているうちに、バスドラがぬいぐるみを奪い、ネガトーンを召喚します。響と奏は変身します。格闘の末、二人のベルティエでネガトーンを撃退します。しかし、ミュージックロンドは別に一人一人やらなくても良いような気が・・・

バスドラの勝手な行動に対し、セイレーンは怒りますが、バスドラに「もうお前はリーダではない」と言われてしまいます。その夜、一人ぼっちになってしまったセイレーンは、月を見上げて・・・で今日は終わりました。

セイレーンはこれからどうなるのでしょう。来週は、OPにも登場する仮面のプリキュアが登場するようです。「キュアミューズ」という名前のようですが正体は?目的は?1クールが終わらないうちに急展開です。

2011年4月11日 (月)

1ヶ月経ったものの

震災から1ヶ月。

未だ余震はやまず。今日、定時少し前に震度5弱の大きな余震。一時、茨城県沿岸に津波警報が出た。震源が浅かったため、その後も余震の余震が立て続けに起きている。

7日に高萩まで、今日いわきまで復旧した電車は、この地震のためにまたもストップした。コミュニティFMによれば、今日中の復旧の見込みが立っていないという。またも「帰宅難民」が多く出るのか。

ゴゴゴ、という地鳴りが起きるたびに身構える。もう本当に勘弁してほしい。

2011年4月10日 (日)

それでも春は来る

110410_114630 我が街は桜で有名。毎年この時期になると、「風流物」と言われる人形芝居をする山車が出る「さくらまつり」が開かれ、駅から伸びる桜並木もライトアップされるのだが、今年は中止となった。

それでも、昨日、今日と桜並木が歩行者天国となった。人出は確かに少ないものの、穏やかな日差しの下、人々は思い思いに桜を愛でていた。開花状況は木や場所によって違うものの、全体的に2分から3分咲きといったところだろうか。

明日で震災1カ月である。

「スイートプリキュア♪」第9話 ショートインプレッション

メロディ(響)が新しい力「ベルティエ」を得て、このところネガトーンへのとどめをメロディだけが刺しています。響に頼り切っていて自分は何もしていない、どうしたら自分にもベルティエがあらわれるのかと奏は思いつめていました。

響のパワーに秘密があるに違いないと思った奏は、響の観察をするばかりか、大食いや運動のまねをし始めます。こんなことでベルティエがあらわれると思いこんでいる奏は、いつもの「完璧超人」然とした態度とは大違いで、どこかちぐはぐですね。

一方、マイナーランドの「トリオ・ザ・マイナー」は、必死に音符を集めているのに、「上司」であるセイレーンに全く認められず、満開の桜のもとでやけ食いです。確かに、セイレーンが召喚するネガトーンで成功した試しがないですからね。

そんな時、散った桜の花びらに音符を見つけたハミィがそれを取り損ね、すかさずセイレーンはネガトーンを召喚します。桜は散らされてしまい、お花見に来ていた人たちはみんな泣いてしまいます。

二人は変身。リズムは先制攻撃を仕掛けますが弾き飛ばされ、それをかばったメロディは腕にけがを負ってしまいます。

そんな絶好の状況なのに、マイナーランドの連中は、バスドラがネガトーンに指示を出したことに対し、セイレーンがおもしろくないなど、全くバラバラです。まさしく「不協和音」です。

リズムはメロディに対して自分が足を引っ張っていることを申し訳なさそうに言います。しかしメロディは、二人は仲間、一人で悩まないでと言います。そんな時もう一度ネガトーンが攻撃を仕掛けてきたのでメロディは応戦しますが、けがのために動けません。

リズムは自分が一人ではないことを悟り、メロディやみんなを守りたいと強く願ったところ、ベルティエがあらわれ、めでたくネガトーンを撃退することができました。

今回も楽しい回でした。ようやくエンジンがかかってきたと思います。主役の二人の結束はともかく、トリオ・ザ・マイナーが今回初めてセリフらしいセリフをしゃべったのですが、そのことが敵役の結束が乱れていくきっかけになっているのが面白いです。今後はどういう戦いを挑んでくるのか、楽しみになってきました。

2011年4月 5日 (火)

誕生日

今日は私の誕生日。

ようやく「後厄」から解放された。この1年は休職しただけではなく、最後の最後になって震災に遭うと散々だった。

これからは、いろいろと不安もあるが、今生かされていることに感謝することを忘れずに、普通の生活を心がけていきたい。

2011年4月 3日 (日)

本当ならば

今日は鎌倉に行っているはずだった。しかし、常磐線がまだ途中までしか復旧しておらず、泣く泣く諦めた。まあ、水戸まで緊急支援バスに乗って、そこから電車に乗り換えてでも行けるが、時間が読めないのと、もう若くもないので、翌日の会社のことを考えるとムリも出来ない。

なぜ鎌倉なのかは、「Cosmic Baton Girl コメットさん☆」というアニメで知り合った人たちとお花見をするためだ。昨年は用があって行けなかったが、毎年このくらいの時期にやっている。特に今年は放映10周年ということで、もう数年間お会いできなかった人たちと会えるかもしれなかっただけに非常に残念だ。

来年も開催してほしいと思う。

「スイートプリキュア♪」第8話 ショートインプレッション

「ハーモニーパワー」を低下させるためには、響と奏の仲を裂くことが必要と気がついたセイレーン。響を尾行しながら、彼女の嗜好や考え方を取材します。そして、「北条桜」という女の子に化けて、響に接近します。

響に気が合うと言われて上手くいったと思ったセイレーンですが、「親友」は奏と桜、と言われてもう一歩踏み込もうと、奏になり済まして電話で絶交宣言。しかし、その電話で「桜は良い子」だと言われて、少し微妙な感情を抱いてしまいます。

翌朝、その偽電話のせいで喧嘩になった二人を見て、思わず止めに入る桜ことセイレーン。響にその場でも「桜は親友」と言われて、思わず感動。しかも「本当に親友できた!」と喜んでしまって、自分が何をしているのか分からなくなってしまいます。

一方の奏は、やはり響のことが気になって仕方がありません。柔道の試合を我慢できなくなって見に行くと、足を痛めた響が。応急処置をしてシュシュを渡すと、響は見事な一本勝ちを収めます。その様子を見ていたセイレーン、思わず感動。

正体がばれて響に「親友だと思っていたのに」と言われて、ここでもセイレーンはハッとなりますが、シュシュに音符がついていて、ネガトーンを召喚。戦闘の結果、二人は仲直りします。

今回は今までで一番面白い回でした。セイレーンが策を弄しながら策に溺れていく様、「親友ごっこ」のはずが親友と言われて思わず喜んでしまう様は、悪になりきれない性格をよくあらわしていて楽しかったです。次回以降もこの調子で行って欲しいです。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック