« 1ヶ月経ったものの | トップページ | 今年の桜 »

2011年4月17日 (日)

「スイートプリキュア♪」第10話 ショートインプレッション

響と奏の連弾練習も上手くいくようになって、二人はハーモニーパワーが十分高まったと満足。今後の練習は必要ないとします。

それを聞いた響のお父さんは、何やらドイツ語でつぶやき、幼稚園の合唱の練習の先生を手伝ってほしい、と言います。

奏をつき合わせて(奏自身は王子先輩が一緒なので嬉しい)一緒に幼稚園に行ったものの、子どもはてんでバラバラな感じで、全く言うことを聞いてくれません。お父さんに助けを求めるものの、今怒っても言うことを聞く状態ではない、と取り合ってくれません。

翌日、街角で音符を見つけたセイレーンは捕まえようとして車道に飛び出し、危うく車にはねられそうになったところを、王子先輩に助けられます。初めて「抱っこ」されて「ぬくもり」を感じたセイレーンは、めくるめく世界に行ってしまいます。その様子を見ていたバスドラは、セイレーンを見限り始めました。

一方、幼稚園での合唱練習。やはり言うことを聞いてくれないので、響は「なんでもするからちゃんと歌って」と言いますが、園児からはゴリラの真似をしてほしいをリクエストが。「ここで決めなきゃ女がすたる」とばかりに響はしますが、結局はもっとやってほしいとのさらなるリクエスト。お父さんが皆で一緒にやろうと、王子先輩も含めてみんなゴリラダンスをするはめになってしまいます。その様子をセイレーンが見ていました。

またその翌日。息が合わない園児たちを前に、再び、響はゴリラのまねで歌い出します。園児にそのまねをさせて、徐々に合唱にもっていきます。またその様子をセイレーンが見ていました。

そんなこんなで発表会は成功。園児たちはまだ歌いたいといいます。響は目的が達成したので終わりだと言いますが、お父さんは「音楽に目的はいらない。楽しめば良い」(ドイツ語もその意味だったんですね)と響を諭します。歌は好きなように歌いたいように歌えばよいと、二人は気付くのでした。

すると二人の園児が、響と奏にゴリラのぬいぐるみをプレゼントしてくれました。そこに音符がついているのを、どこかで見ていたセイレーンが気がつき奪おうとしますが、そこに王子先輩がやってきて気付かれてしまいます。セイレーンは襲撃を戸惑ってしまいます。

そうこうしているうちに、バスドラがぬいぐるみを奪い、ネガトーンを召喚します。響と奏は変身します。格闘の末、二人のベルティエでネガトーンを撃退します。しかし、ミュージックロンドは別に一人一人やらなくても良いような気が・・・

バスドラの勝手な行動に対し、セイレーンは怒りますが、バスドラに「もうお前はリーダではない」と言われてしまいます。その夜、一人ぼっちになってしまったセイレーンは、月を見上げて・・・で今日は終わりました。

セイレーンはこれからどうなるのでしょう。来週は、OPにも登場する仮面のプリキュアが登場するようです。「キュアミューズ」という名前のようですが正体は?目的は?1クールが終わらないうちに急展開です。

« 1ヶ月経ったものの | トップページ | 今年の桜 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/51412053

この記事へのトラックバック一覧です: 「スイートプリキュア♪」第10話 ショートインプレッション:

« 1ヶ月経ったものの | トップページ | 今年の桜 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック