« どうしたらいいのか。 | トップページ | 当分土日の休みはお預け »

2011年5月29日 (日)

had better

会社の中にある「学校」を受験する後輩君(高校卒2年目、20歳以上下)のために、受験勉強の「先生」を頼まれた。教科は「英語」。

受験英語を教えるのは、大学生時代の家庭教師以来のこと。学生時代は英語は得意科目であったが、それから20年以上も経っている。昔取った杵柄が通用するか不安があるが、引き受けることにした。

後輩君は、先日、最初の「腕試し」として、その学校の昨年度の入試問題を解いた。手ごたえとしては少し残念な結果だったらしい。今週から始める「授業」は、まず、この試験問題の解説から始めなければなるまい。

私もこの「先生」を引き受けるにあたり、過去問を数年分解いてみた。難問ではないが、「良問」が多い。それでも、後輩君が受けた過去問は、ここ数年ではいちばん難しかったかもしれない。

ところで、教えるためには何か参考書がいる。高校時代の参考書を一冊持ってきていたはずだが、引っ越しのごたごたで紛失してしまった。

英語のカリキュラムは当然のことながら私が高校生であった時とは全く違っている。正直、どれを選んだらよいのか分からなかったが、昔懐かしい「チャート式」の「総合英語」を買ってきた。

今回の授業にあたり、少し下調べをした。英文法は大きく変わるものではないので、昔覚えたことは、だいたい通用する。でも、今は「会話」「リスニング」が大事なカリキュラムとなっているので、やはり時代に合ったように、本の内容も変わってきている。我々が習ったことは、もはや古くなっていることも多いのだ。

その一例が、タイトルの「had better」。我々の時は「・・・した方が良い」という「提案」的な意味で訳を教えられた。結果、「・・・すべきだ」と訳す「should」より「柔らかい」言い方だと思っていた時期がある。

実はそうではない。今、参考書のそのページを開くと、「・・・しなさい」「・・・すべきである」という訳になっている。特に目上の人には「脅迫」とも受け取られかねない、ともある。「会話」を重視するようにカリキュラムが変わって、より「実践的」な内容に変わった一例だと言えるだろう。

全く仕事では役に立てていない私だが、少しでも職場に貢献できるように頑張ろうと思う。

« どうしたらいいのか。 | トップページ | 当分土日の休みはお預け »

言語・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/51803088

この記事へのトラックバック一覧です: had better:

« どうしたらいいのか。 | トップページ | 当分土日の休みはお預け »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック