« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

「神様のカルテ」

最近ハマって何度も再読している本がある。夏川草介著「神様のカルテ」である。

信州松本の病院を舞台に、若くて実直だが古風な考え方と台詞回しをする少々「変わり者」の医者「イチ」こと「栗原一止」の物語。厳しい地域医療の問題を取り上げながらも、同じ下宿に住んでいる「男爵」「学士」との交流、妻である「ハル」との一種の「のろけ」、同僚とのやりとりが楽しく、あっという間に読めてしまう。

もちろん感動的な場面も多く、何度も読んでいるのに涙があふれて来る。

難点は、「ハル」が本当に「妖精」のようで、生活感があまり感じられないところであろうか。ただ、ややもすると重くなってしまう「命」の問題を取り上げる中に、これくらい現実感がない要素をいれることで、バランスを取っているとも言える。

昨日続編を買ってきた。こちらはもう少し地域医療の内実に迫っているようなので、どういう物語になっているのか、楽しみに読むことにしよう。

・・・全く感想が書けない。自分の文章力のなさにただただ呆然とするのみである。

ところで、この本を読むことになったきっかけは、先日「コクリコ坂から」を鑑賞した時の、本編上映前に流された映画の予告編である。映画化されて明日から公開ということになっている。その予告編を見ただけで感動してしまい、絶対に見に行こうと思った。それで原作を読んでみることにしたのだ。

漱石かぶれが高じて口調まで古風になってしまっている一止が、映画ではどのように描かれているのか、まずいちばん興味があるところだ。

また一部設定が変わっているところがあるらしい。原作では同僚である「砂山」は、一止と同級生ということになっているが、映画では先輩ということになっている。原作では、この一止と砂山の遠慮のないやり取りが非常に軽妙で面白いのだが、先輩と言う設定では、そういうやりとりができないのではないかと少し危惧している。

今週末は出勤なので見に行くことはできない。来週の休みには絶対に見に行きたい。

2011年8月24日 (水)

誇れるものは何もない

昨日は、私が入社して初めてお世話になったNさんの定年のお祝い会だった。私は「部下」だったわけだが、その他仕事関係でつながりのあった人も含めて、7人ほどが集まった。

私は入社したのは20年前のことである。その時から、いろいろとお世話になったわけであるが、結局私は自分からつぶれてしまって、Nさんの期待に応えることのできなかった「不肖の弟子」である。「申し訳ありませんでした」と言っても許されることではない。

いろいろと昔話に話が及んだが、Nさんが定年にあたって自分の経歴をまとめたものを見せて頂いた。綺羅星のような業績が書かれている。そして驚くべき記憶力。

翻って私はどうだろう。私が入社した時、Nさんは私と同じくらいの年齢だったわけだ。実際に今私に部下がいるわけではないが、もしいたとして、自分に指導なんてできるだろうか。また、私には誇れるほどの業績も、楽しい思い出もほとんどない。

この先、会社がどうなるか、自分がどういう仕事をしていくかは分からないが、特に何も起こらないと仮定すると、私もあと20年足らずで定年を迎えることになる。その時に、若い人たちに多少煙たがられても、昔話を意気揚々と話して聴かせることができるだろうか。そう考えると、私の今までは何だったのだろう、と寂しくなった。

2011年8月15日 (月)

年とったんだな。。。

会社の盆休みは、当初予定から繰り上がって3日から12日までだった。3日から4日に両親と伊豆の熱川温泉に一泊した以外は、ずっと実家に帰省していた。

実家に帰省すると、いつも行わなければならない「行事」がある。それは、中学時代からお世話になっているメガネ屋に行って、メガネの掃除と「つる」の調整をしてもらうことだ。

しかし今回は、6月の人間ドックで、右目の矯正視力が0.4しかないことが分かり、このままでは来年の免許(20年近くペーパー)更新が通らないので、レンズの交換をすることが目的になった。

それで、いろいろと検査してもらったのだが、非常にショックな結果が・・・(まあ、うすうす気がついてはいたのだが)

「老眼」が始まっている、というのだ。マイルドな「遠近両用レンズ」を勧められた。

レンズを交換するつもりであったメガネは全部で3本。レンズだけでも相当するので、それだけの出費は覚悟していたのだが、勧められるままに「遠近両用」とすると、金額がえらいことになる。

仕方ないので、とりあえず改めて考えることにして、既存の3本については現在の視力に合った近視用のレンズに交換することにした。

しかし、考えてみれば、近くを見る時に「目がかすむ」ことが多くなってきたことも確かだ。そこで翌日もう一度メガネ屋に行って、遠近両用のメガネを新しく1本作ることにした。

結果、メガネだけで出費が10万を超えることに。。。 Orz

「メガネ○ーパー」とか「眼鏡○場」といった量販店に行けば、もっと安く上がったに違いない。しかし、四六時中身につけているものだけに、検査をしっかりしてくれて、「つる」の微妙な掛け心地を調整してくれるなど、長年通いなれた店でなければ安心できないので、仕方ないと思うことにした。

それにしても、「まだ」40代前半にして老眼になるとは。確実に「老化」の波が忍び寄っていることを痛感させられた。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック