« 映画「スイートプリキュア♪~とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪」ショートショートインプレッション | トップページ | 「勝田車両センター50周年ふれあいまつり」に行ってきた »

2011年11月 6日 (日)

いまさら映画「フレッシュプリキュア!」

今朝は駅伝というものがあったため、スイプリが中止だった。明日は明日でイカちゃんが中止。この1週間、何を楽しみに生きていけばいいのかと、気分がどよんどだったが、思ってもみない救世主が!

この10月からBSのチャンネルが増えたが、通常は有料放送である「ANIMAX」で、映画「フレッシュプリキュア!」をやっていたのである。朝起きられなかったので、録画してあったのを先ほど見終わったばかりだ。

2年前の映画である。公開されていた時は、観に行かなかった。というより、TVのフレプリ自体、あまりしっかり見ていなかった。今では当たり前になったエンディングのダンスの3DCGが、どうしても好きになれなかったからである。

ところで、映画を見て、よく言われているように、改めてフレプリは「ストーリー重視」であることが良く分かった。また、「パッション」こと、「せつな」が良い。元々敵幹部であった、という難しい立場を演じるにあたって、普段は洋画の吹き替えやナレーションで活躍されている声優さんを使ったことが、声のトーン等も含めて、ストーリーをギュッと引き締めている。

映画のストーリーであるが、正直、私は心が痛い。子どもたちから見捨てられたおもちゃたちの怨念が、「トイマジン」となって、世界からおもちゃを消して復讐するというお話。

私自身は、子ども時代はそれほどおもちゃを買ってもらったことはないが、大人になってから「お人形」にはまってしまうという、通常では逆の経験をしている。10数年前からのことだ。

初めは一人一人「愛情」を注いでいたつもりでいたが、次第に、寂しさと、それ以上に物欲にかまけて、自分が対処できないくらいの人形を買い集めた。その数、約100人。3年前に引っ越しをする頃になって、その「処理」に頭を痛めるくらいになってしまった。

昨年、ほぼ無条件で引き取ってくれるボランティアグループに、70人くらい寄贈した。新しいお友達に出会えて、可愛がってもらえることを願っている。

なんか、映画の話とはずれてしまったが、そんな自分と重ねずにはいられなかった。まだ手元にある30人も含めて、私のことを相当恨んでいるのではないか、と思ったり。

映画の感想に戻ろう。

買ってもらってもすぐに壊してしまったり、捨ててしまったりするのはともかく、どんなに大切にしていたおもちゃであっても、いつか「卒業」する時が来る。その辺りをどう「昇華」するか、スタッフも相当悩んだに違いない。映画では、ピーチが「キュアエンジェル」になって、おもちゃたちの心を癒すという形で決着させたが、少し物足りなさは残った。

ただ、どうしてもひねくれた味方をしてしまう自分が。。。 プリキュアシリーズのスポンサーは「バ○ダイ」である。一つのシリーズが終わってしまえば、見向きもされなくなってしまうおもちゃを大量に作っているのは、スポンサー自身ではないかと考えてしまうのである。

« 映画「スイートプリキュア♪~とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪」ショートショートインプレッション | トップページ | 「勝田車両センター50周年ふれあいまつり」に行ってきた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/53177330

この記事へのトラックバック一覧です: いまさら映画「フレッシュプリキュア!」:

« 映画「スイートプリキュア♪~とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪」ショートショートインプレッション | トップページ | 「勝田車両センター50周年ふれあいまつり」に行ってきた »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック