« アニメ化希望! - 越谷オサム「いとみち」 - | トップページ | 大団円 - 「スイートプリキュア♪」最終回 - »

2012年1月22日 (日)

もし劇団が300万の借金と引き換えに解散を迫られたら - 有川浩 「シアター!」「シアター!2」 -

有川浩「シアター!」(メディアワークス文庫2009)、及びその続編である「シアター!2」(同2011)を読んだ。

有川浩は、「図書館戦争」シリーズをはじめとする、売れっ子の作家なのだが、私自身は情けないことに、昨年見た映画「阪急電車」の原作を読んだだけ、なのである。その分、新鮮な気持ちで読むことができた。

-----

春川巧率いる劇団「シアターフラッグ」は、声優として活躍している羽田千歳を迎え入れてから、運営方針を転換したことによって、団員の半数以上が辞めてしまうという事態に陥る。しかも、それまでボランティアで制作(経理など)の仕事を引き受けていたスタッフも辞めたことにより、そのスタッフが肩代わりしていた、それまで明るみになっていなかった300万円の赤字の返済を急に迫られることになった。巧は、兄である司に泣きつくが、兄は、2年で返済し、返済できなければ劇団を解散することを条件に、300万を無利子で貸す。果たして、「経済感覚」のない劇団員は、本気になって、借金を返済し、劇団を存続させることができるのか。。。。

-----

司のスタンスは、そのまま有川氏のスタンスだと考える。劇団の経営感覚の無さ、しいては演劇界全体の経済感覚の無さということに対して、司の口を借りて何度も疑問を呈している。「あとがき」を読むと、実在の劇団をモデルに書いているとのことだが、書かれた劇団は、ぐうの音も出ない、と言ったところではないだろうか。

ただ、いくら「金が正義」で、演劇が金にだらしないからといって、演劇を嫌いになれないのは、多分、司も有川氏も同じだろう。司は、なんだかんだ言って、結局、劇団の「危機」を何度も救っている。有川氏も、演劇界の有態に半ば呆れながらも、応援せざるを得ないような心情がわいてきているのだろうと思う。

-----

作品の印象としては、群像劇として楽しめるものとなっている。「シアター!」では、主に千歳に焦点が当たっていたが、「2」では、劇団員一人一人が生き生きと動きまわっている。劇団の頑張りだけでなく、劇団員同士の恋愛感情(+司と千歳の関係)が具体的に動いてきたところで「2」は終わっているが、「3」ではどんな展開が待っているのだろう。「シアター!」と「2」の出版間隔からして、「3」は来年になりそうだが、早く読んで、結末を知りたいとじりじりとしている。

« アニメ化希望! - 越谷オサム「いとみち」 - | トップページ | 大団円 - 「スイートプリキュア♪」最終回 - »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/53797708

この記事へのトラックバック一覧です: もし劇団が300万の借金と引き換えに解散を迫られたら - 有川浩 「シアター!」「シアター!2」 -:

« アニメ化希望! - 越谷オサム「いとみち」 - | トップページ | 大団円 - 「スイートプリキュア♪」最終回 - »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック