« もし劇団が300万の借金と引き換えに解散を迫られたら - 有川浩 「シアター!」「シアター!2」 - | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第1話 ショートショートインプレッション »

2012年1月29日 (日)

大団円 - 「スイートプリキュア♪」最終回 -

本日、「スイートプリキュア♪」は最終回を迎えました。今日は大団円で1年にわたったプリキュアの戦いを締めくくってくれました。

ノイズに取り込まれて、救出されたものの目を覚まさないハミィを4人が歌で救うシーン、そのハミィがようやく完成した「幸せのメロディ」を歌うことで、メイジャーランドも地上も救われたシーンは、非常に美しかったです。

そして嬉しかったのは「ノイズ」が浄化された結果、再び「ぴーちゃん」として響たちの前に現れたことです。響たちは、また会えることを信じていたのですね。ただ今度は憎むべき存在としてではなく、ノイズの本質である「悲しみ」や「苦しみ」とともに生きていくという決意が、非常にすがすがしいものでした。

-----

なんだかんだ言って、1年間ほとんど休みなく見たことになります。これは今までのシリーズでは初めてでした。

振り返ってみて、やはり、どこか全体に「ドタバタ」した感じとバランスの悪さは否めませんでした。後半、良い話や度肝を抜くような話も出てきただけに、前半の響と奏の痴話喧嘩が漫然とし過ぎていて、回数を無駄にしたことが非常に悔やまれます。そこでもたついた分、後半の良い話も、長ゼリフで全部説明してしまうようなところがあって、脚本的、演出的に疑問を呈せざるを得ませんでした。また、響があまりにも「強い」人になり過ぎ、元々奏と「二人で一人」でスタートしたはずだったのに、エレンやアコの登場も相まって、奏の存在感が非常に小さいものになってしまったのも残念なところでした。

今作の放送が始まって1ヶ月あまりで、東日本大震災という未曽有の大災害が起こりました。多分、この震災がなかったら、ストーリーは全く違うものになっていたに違いありません。それだけに、最終回の「苦しみ・悲しみとともに生きていく」というメッセージは、非常に重いものとなりました。被災地の子供たちにこのメッセージはどう届いたでしょうか。

------

来週からは、9作目となる新シリーズ「スマイルプリキュア」が始まります。また大所帯で始まることが、非常に私としては不満のあるところですが、どんな物語を紡いでいってくれるのか、楽しみにすることにしましょう。

« もし劇団が300万の借金と引き換えに解散を迫られたら - 有川浩 「シアター!」「シアター!2」 - | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第1話 ショートショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/53850142

この記事へのトラックバック一覧です: 大団円 - 「スイートプリキュア♪」最終回 -:

« もし劇団が300万の借金と引き換えに解散を迫られたら - 有川浩 「シアター!」「シアター!2」 - | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第1話 ショートショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック