« 読書メモ:越谷オサム「階段途中のビッグ・ノイズ」 | トップページ | 健常者と障害者の間に横たわる「障害」 - 有川浩「レインツリーの国」 - »

2012年2月 7日 (火)

「作られた」自分

昨日、今日とお休みを頂いていた。今日は6週に1回の通院の日だった。

このところ、気分の落ち込みは少なかったので、楽と言えば楽であった。

でも、妙にハイテンションであった。少し落ち着きがなかったり、しゃべっている時でも話題があっちこっちに飛んだりしていた。

そのことを主治医に話したところ、一つの薬が少し利き過ぎているかもしれないとのことで、今回の処方は見送られた。

やっぱり今の「自分」は、薬で作られているんだな。薬を止めることになったら、どうなってしまうのかな。でも、いつ薬を止められるのだろう。どういう状態が「完治」したことになるのだろう。

« 読書メモ:越谷オサム「階段途中のビッグ・ノイズ」 | トップページ | 健常者と障害者の間に横たわる「障害」 - 有川浩「レインツリーの国」 - »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/53927331

この記事へのトラックバック一覧です: 「作られた」自分:

« 読書メモ:越谷オサム「階段途中のビッグ・ノイズ」 | トップページ | 健常者と障害者の間に横たわる「障害」 - 有川浩「レインツリーの国」 - »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック