« 読書メモ:飛鳥井千砂「タイニー・タイニー・ハッピー」 | トップページ | 散り惜しい桜 »

2012年4月15日 (日)

「スマイルプリキュア!」第11話 ショートショートインプレッション

放課後、プリキュア部の皆さんは一緒に帰ろうとしていますが、やよいが花壇でだんご虫をみつけました。やよいが手に乗せて差し出したのを見て、なおは苦手のようで後ずさりします。そしたら、何かにつまずき、転んでしまいます。

つまずいたのは、「打出の小槌」の形をしたものでした。キャンディはそれを知らなかったので、みゆきが「一寸法師」の説明をします。興味を持ったキャンディが「おおきくな~れ」と振ったところ、抱えていたみゆきのおでこに当たってしまいます。その時、みゆきたちは眩しい光に包まれました。

気がつくと、キャンディが大きくなっていました。しかし周りを見回した時、逆に自分たちが小さくなってしまったことに気がつきます。

一方、バッドエンド王国。また、マジョリーナが何かを探しています。「チイサクナール」という、例の小槌です。すると、この間の「イレカワール」と同じように、アカオーニが人間界に落としてしまったことが分かりました。

キャンディは、みんなが小さくなったことが分からず探し回ります。みゆきたちは気づいてもらえません。葉っぱの舟で水たまりの「湖」を渡ったり(どうやって折ったんだろう)、「山」のような階段を上ったり、机の「断崖絶壁」を定規で渡ったり(なおとあかねは高所恐怖症のようです)といろいろな冒険をしながら、キャンディを追いかけます。傘デコルで傘を出して、窓からフワフワと飛び降りる様は、メアリー・ポピンズですね。あかねとなお以外は、結構楽しんでいます。

着地したところは、草むらの中でした。さっそくトノサマバッタに遭遇。なおは逃げ出します。すると芋虫にぶつかり、蟻におどろき、パニックに。さらに、なおは自分に向かって飛んできたテントウ虫に慌て、草に上りますが、下へ落下。そこにはだんご虫がいて、とうとう気を失ってしまいました。

一方、マジョリーナは、また交番に落し物を探しに行きます。すると、「チイサクナール」を持ったキャンディが通りかかり、後を追います。

気がついたなおに、まだ子どものだんご虫が、気遣うように葉っぱを持ってきてくれました。なおは直視できませんが、虫たちの「心」に触れました。それ以外にもたくさんの種類の虫がいました。みゆきとやよいは虫と遊びます。れいかは、ここは虫たちの町だと、なおに言います。

マジョリーナは、キャンディを追っていたところ、ちょうど草むらの中にプリキュア部の皆さんがいることに気づきます。バッドエンド空間にしてしまいます。虫からもバッドエナジーが放出されるようです。

みゆきたちは変身します。決めポーズをしても、小さいのは変わりません。しかし召喚されたアカンベエは、タンポポでした。どうせならもっと大きいものにすればよかったはずなのに、マジョリーナは気がつかなかったのですね。プリキュアの皆さんは、そこに気が付いていました。

マジョリーナとキャンディは、そろって文字通りの「高みの見物」です。

虫の楽園が侵されたことに怒ったプリキュア。マーチも自分を助けてくれただんご虫がバッドエンド状態になっていることに気づきます。そして、マジョリーナが「虫けらと一緒にやっつけろ」と言うのを聞いて、「虫けらというな、虫だって一生懸命に生きている」と反論します。

今日は戦闘シーンが素晴らしかったです。今までで初めてですね。見事な連係プレーでアカンベエを弱らせ、「マーチシュート」で浄化しました。

アカンベエを浄化しても、プリキュアは小さいままです。マジョリーナは、アカンベエを召喚せずとも、初めから踏みつぶしていればよかった、と今になって気がつきます。そして、チイサクナール」でつぶそうとしたら、眩しい光が発せられ、プリキュアを元に戻して助けてしまいました(笑)。

それで、なおの虫嫌いは治ったのでしょうか。鼻先にテントウ虫が止まったら、やっぱりパニックになってしまったのでした。

今回は虫くらいの大きさから見た世界を、「表面張力」など「科学的」な視点で描いていて、それが見事なリアリティを持っていました。丁寧な演出が素晴らしいと思います。来週は、れいかの当番回あるとともに、いよいよパワーアップするようです。

« 読書メモ:飛鳥井千砂「タイニー・タイニー・ハッピー」 | トップページ | 散り惜しい桜 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/54476910

この記事へのトラックバック一覧です: 「スマイルプリキュア!」第11話 ショートショートインプレッション:

« 読書メモ:飛鳥井千砂「タイニー・タイニー・ハッピー」 | トップページ | 散り惜しい桜 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック