« 読書メモ:関口尚「空をつかむまで」 | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第19話 ショートショートショートインプレッション »

2012年6月 3日 (日)

「スマイルプリキュア!」第18話 ショートショートインプレッション

校庭で体育の授業が行われています。トラックでプリキュア部の5人が競走です。なおがダントツでした。その次があかね、みゆきとれいかさんが同じくらい、そしてビリがやよいです。れいかさんは、来週の体育祭の女子リレーの選手はなおしかいないと言います。みんなは口々に賛成しますが、なおは「走るのは好きだが競走は苦手」と言います。

学級会で体育祭の選手決めを行っています。委員長であるれいかさんは、女子リレーの選手の立候補を募りますが、だれも名乗り出る人はいません。あかねやみゆきはなおに出るように勧めますが、なおは困っています。うわさでは、1組と4組は全員陸上部員が出るそうで、クラスのみんなは、絶対勝てない、どうせやっても無駄と口々に無責任な発言をします。なおはその発言をどこか悔しそうに聞いていました。

クラスがまとまらない状態をれいかさんが制しようとした時、なおが自分が出ると立候補しました。クラスのみんなは賛成しますが、後はどうするのかと、やはり他人事です。すると、プリキュア部のみんなと出ると言ってしまいました。

一方でバッドエンド王国。赤鬼さんが金棒を振り回しているところに、ジョーカーがやってきます。オオカミさんと魔女さんも探しているようですが、見当たりません。早く3人で力を合わせてバッドエナジーを集めてほしいと言うジョーカーに、赤鬼さんは力を合わせるのは弱虫のやること、自分ひとりで大丈夫と強がって出ていきました。ジョーカーはできっこないと思っているようです。

リレーの練習が始まりました。あかねからみゆきへのバトンタッチは上手くいかないし、れいかさんは理想的な走り方を頭で考えて足踏みしているだけだし、やよいはいわゆる「女の子走り」。先は長そうです。プリキュア部の脇を1組のリレー選手が駆け抜けていきました。やはり速いです。でもなおは、「誰が相手でも自分たちの走りをすればいい」と言います。あかねは再び「ゴプリキュア」の結束で頑張ろうと盛り上がっていますが、やよいだけは不安げで何か言いたそうです。

帰り道、なおが他の4人それぞれに対しアドバイスをします。しかし、やよいは、小学校の時から足が遅いので、自分が出ると迷惑をかけるから出ない方がいいと言います。それに対して、なおは「勝ち負けなんて気にしなくていい。一生懸命やってみよう」と励ましますが、やよいはかたくなです。どうして自分を選んだのか、と問うやよいに、なおは、プリキュア部の5人で走りたかったからと答えました。それを聞いて、やよいも頑張ってみる気になったのでした。

朝練も始まりました。みゆきは家に帰ってもキャンディとバトンの練習です。やよいも走り込みを頑張っています。昼休みには疲れて眠ってしまうほど、練習に打ち込んでいるうちに、やよいのタイムも上がってきました。いよいよ明日が体育祭となって盛り上がるプリキュア部。みんなそろって帰宅する時、やよいが教室に忘れ物をした、と引き返しました。しかし教室では、クラスメイトが、やよいが出ることで、勝てるわけがないと口さがなく陰口をたたいていました。やよいは教室に入ることができずに引き返します。どことなく落ち込んだ表情になおは気付きます。

赤鬼さんがバッドエナジーを集めまくってやると意気込んでいるところでAパートは終わりました。

いよいよ体育祭当日となりました。騎馬戦、玉入れ、綱引きと競技が進み、いよいよと2年生女子によるリレーとなりました。緊張が高まりますが、やよいはクラスメイトの様子を見て、また自分のことを悪く言われていると思い、尻込みしてしまいます。なおは、そうしたやよいの様子に気がつきながらも、「今は力を合わせてバトンをつなぐことだけを考えよう」と気合を入れました。

それを見ていた赤鬼さんは、何を力を合わせるだ、自分は力を合わせなくても自分は十分強いと、バッドエンド空間に変えてしまいました。今回は競技用具を元に青っ鼻でアカンベエが召喚されました。5人は変身します。

アカンベエはレインボーヒーリングをするすきを与えないくらい素早い動きで、玉入れの玉や綱引きのロープで攻撃してきます。赤鬼さんは、5人そろっても弱いとバカにします。それでもマーチがロープを掴むと、他の4人も合流し、アカンベエ相手に綱引きです。しかし、「オーエス」の掛け声が、なぜか「エスオーエス」になってしまい、5人は振り飛ばされますが、マーチは何とかしがみつき、他の4人も再び合流できました。赤鬼さんは「どうせお前たちの負け、力を合わせたって弱い奴は弱い、足手まといはいらない」と吐き捨てると、ピースは委縮してしまいました。

しかし、マーチは「仲間と一緒じゃないとできないことがある。やりもしないで諦めたり、どうせなんて言わない。リレーもプリキュアも皆と一緒にやり遂げたい。みんなで力を合わせればできないことはない!」と反論しました。これは多分、ピースに向けて言った言葉でもあるのでしょう。でも、ピースだけでなく、他の3人も勇気づけられました。とうとうアカンベエを転倒させることができました。そして、みんなの力を合わせて、レインボーヒーリングで浄化できました。

戦い済んで、まだ変身を解いていない状態で、ピースが「なおちゃん、みんな」と呼びかけたのが印象的でした。「バトン絶対につなごうね」とピースが言うと、ますます結束が強くなりました。

女子リレーが始まりました。第一走者はあかね。2位で第二走者のみゆきにバトンをつなぎます。みゆきはバトンの特訓の成果で、スムーズにバトンを受け取ることができました。第三走者はれいかさん。精神統一をしてみゆきからバトンを受け取ると、走り方の基本に忠実に走り出しました。そして、2位を保ったまま、第四走者のやよいにバトンをつなぎます。

やよいは必死に走りますが、どんどん遅れ始め、5位まで落ちてしまいました。でも、あきらめずに走り続け、6位(最後尾)の選手と競り合います。その様子を見て、クラスメイトが、やよいに声援を送りました。やよいの頑張りをみんなが認めてくれたのです。なんとか5位でアンカーのなおにつなぐことができました。

バトンを受け取ったなおは、5人の力を感じ、ますます気合を入れ、走り出すと速い!瞬く間に3人をごぼう抜きしました。トップの背中が見えてきたところで、これまでいちばん元気づけてもらっていたやよいが、我慢できずに「なおちゃーん!」と声を上げます。それに勇気づけられたなおは、とうとうトップに立ちました。しかし・・・

なおは、脚が急にもつれて転倒してしまいました。すぐに立ち上がって走り出しましたが、時すでに遅く、結局最下位になってしまいました。悔しさにこらえきれずに泣きだすなお。「みんなごめん」と振り返った時、みゆき、あかね、やよいは号泣しながら飛びついてきました。れいかさんも涙を浮かべて「最後までバトンをつなげて良かった」と優しくなおに語りかけます。なおもこらえきれずに、みんなと走れてよかった、と。その様子を見て、クラスメイトがみんな駆け付けてくれました。最後は泣きながらも、みんな笑顔でめでたしめでたし。

なおの回ではありましたが、運動音痴だった私は、やよいの気持ちも良くわかりました。一人の力は小さいけれど、みんなで力合わせれば素晴らしいことができるというメッセージは、べたではあるけれど、感動を誘います。また、声優さんの演技も素晴らしく、見ていて力が入りました。・・・・だめだ、感動でまとまりません。とにかく泣けました。

来週はやよいの回です。予告を見ると、なんか切ないお話になりそうなのですが。

エンドカード。何か新しいコスチュームとアイテムがもう出ているんですが。ピエーロの時計も「18」、デコルデコールのキュアデコルも「14」。そろそろ中盤のクライマックスになりそうです。

« 読書メモ:関口尚「空をつかむまで」 | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第19話 ショートショートショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/54864470

この記事へのトラックバック一覧です: 「スマイルプリキュア!」第18話 ショートショートインプレッション:

« 読書メモ:関口尚「空をつかむまで」 | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第19話 ショートショートショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック