« 「スマイルプリキュア!」第24話 ショートショートショートショートインプレッション | トップページ | いよいよ明日 »

2012年7月30日 (月)

読書メモ:朝倉かすみ「好かれようとしない」

朝倉かすみ著「好かれようとしない」(講談社2007/講談社文庫2011)を読んだ。

トランクケースが開かなくなったことで呼んだ鍵屋に一目ぼれした風吹。少しは積極性を身につけようとベリーダンスを始める。ところがその講師は、鍵屋と「不倫」をしていた。風吹は、それでも鍵屋を諦められなくて・・・

変わった題名であるが、読んでから考えると確かに、題名通りの話であることが分かる。

風吹は、確かにベリーダンスの講師「ヒロエ・O」と張り合うようなところもなくはなかったが、実のところ、鍵屋に強烈なアタックをしていたわけではない。まさしく「好かれようとしな」かったわけである。

何度も行きつ戻りつするような文脈、短い章立て。まあ、なんというか、非常に不思議な読み口の本だった。

« 「スマイルプリキュア!」第24話 ショートショートショートショートインプレッション | トップページ | いよいよ明日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/55313716

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:朝倉かすみ「好かれようとしない」:

« 「スマイルプリキュア!」第24話 ショートショートショートショートインプレッション | トップページ | いよいよ明日 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック