« 「スマイルプリキュア!」第33話 ショートショートショートショートインプレッション | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第34話 ショートショートショートショートショートインプレッション »

2012年9月30日 (日)

読書メモ:9月中に読んだ2冊

○越谷オサム「空色メモリ」(東京創元社2009/創元推理文庫2012)

表向き「ハッピーエンド」にはなっているけれど、今後この4人が学校生活において、「浮いた」存在となってしまうのではないかと余計な心配をしてしまった。

○夏川草介「神様のカルテ3」(小学館2012)

好きなシリーズであるため、読む前は非常に楽しみだったが、読後感がどうもあまり良くない。いろいろなテーマを詰め込み過ぎてしまっているような気がする。一止の決断に至る過程も分かるようで分かりにくい。その決断に影響を与えた小幡の存在と考え方も分かりにくい。まあそもそも、「医者にとっていちばん大切なのは何か」と、一般人に問われても分からないのではあるが。

シリーズはまだ続く。大学病院でのできごとには2巻くらい費やされるだろう。本庄病院に戻るのはいつになるのだろうか。

最近、読むペースが明らかに落ちているのに加え、ろくな感想が書けない。少し本に失礼だ。また、先が気になるあまり、途中で最後の方をつまみ読むする癖をどうにかせねば。感動するものも、伏線に気がつくカタルシスも半減してしまうからだ。それでも、とにかく読もう。

« 「スマイルプリキュア!」第33話 ショートショートショートショートインプレッション | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第34話 ショートショートショートショートショートインプレッション »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/55781690

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:9月中に読んだ2冊:

« 「スマイルプリキュア!」第33話 ショートショートショートショートインプレッション | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第34話 ショートショートショートショートショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック