« 「スマイルプリキュア!」第36話 ショートショートショートショートショートインプレッション | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第37話 ベリーベリーショートインプレッション »

2012年10月28日 (日)

映画「スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!」ショートショートショートショートインプレッション(ネタばれ注意)

今朝は、普段よりも早起きして(普段なら起きられないのに(苦笑))、映画「スマイルプリキュア!」を観に行きました。ちょっと疲れたので一休みしてからこれを書いています。

あまり内容のことは詳しく書けませんが、感じたことをつらつらと。

とにかく、非常に優しい雰囲気の映画でした。大感動ではないですが、心にじんわりと染みて来るのが非常に心地よかったです。

もちろん主人公はみゆきなのですが、今回のゲストキャラである「ニコ」の方が真の主人公と言っていいくらいでした。

ニコはみゆきが幼少の頃拾った絵本の主人公でしたが、結末が破られてしまって、お話が宙ぶらりんの状態のままになっていました。みゆきは、続きを書いてあげると約束しますが、いかんせん幼すぎ、それはできませんでした。しかし、ニコはその約束を反故にされたことで憎しみを募らせ、それを「魔王」に利用されてしまいます。これが今回の物語の真の発端であることが、だんだん分かってくる仕掛けが良くできていました。

映画の冒頭で、ニコが絵本の世界から、悪者(西遊記の金角・銀角)に追われて飛び出してきたわけですが、これはみゆきへの恨みを晴らすためにわざと助けさせたわけですね。本当の「悪者」は味方のふりをして近づいてくるといったことでしょう。

しかし、みゆきたちのニコを救いたい、という強い願いに、ニコは心を徐々に動かされていきます。ついには、ニコ自身が自分の物語を紡ぎたいと願うことによって、ハッピーエンドを迎えます。

もう、書いていることがめちゃくちゃですが、続けます。

近年のプリキュアシリーズは敵は倒すものではなく、「救済」することが定番になっています。今回の映画ではそれが顕著でした。ニコを救い、魔王を救いました。

そして、「スマイルプリキュア!」のメインテーマである、どんな時でも笑顔が大切であることが強調されていました。幼少のみゆきがニコの物語を読んでから、周囲に笑顔で接することができるようになったことや、ニコの憎しみの言葉にみゆきがくじけそうになった時、仲間が笑顔でいることを諭したシーンが印象的でした。

あとは、約束を守ることの大切さ、自分の物語は待っていても誰も紡いでくれない、自分で紡ぐものだ、ということがテーマになっていたと思います。

-----

ニコという難しい役を、林原めぐみさんが演じています。ニコはみゆきを憎みながらも憎みきれない感情を抱いています。大ベテランである林原さんだからこそできたと言って過言ではないと思います。

また、あかね(サニー)が良いところを全部持って行きましたね。魔王に打ちのめされたハッピーの口角を上げさせて笑わせようとしたところや、「ハッピーの笑顔が好きや!」というストレートなセリフは、まっすぐ心に届いてきました。「あかみゆ」ファンはたまらなかったにちがいない(笑)。

-----

本当に何を書いているのか分かりません。でも、本当に良い作品を見させていただきました。黒田監督はじめスタッフの皆さん、声優の皆さん、良い作品をありがとうございました。

« 「スマイルプリキュア!」第36話 ショートショートショートショートショートインプレッション | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第37話 ベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/55989513

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!」ショートショートショートショートインプレッション(ネタばれ注意):

« 「スマイルプリキュア!」第36話 ショートショートショートショートショートインプレッション | トップページ | 「スマイルプリキュア!」第37話 ベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック