« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月23日 (日)

MOKA☆ 「FELIX CLUPA」

MOKA☆さんの新アルバムが届いた。4年ぶりの新アルバムのタイトルは「FELIX CLUPA」(フェーリクス クルパ)。「幸福な過失」という意味だそう。この日を首を長くして待っていた。

1.かなしくて

MOKA☆さんが、こんなに苦しくかなしい思いを抱えているのか、と頭を殴られたような衝撃を受けた。衝撃とはいったが、別にショッキングな曲調ではない。せつせつと心に響いてくる。私がMOKA☆さんにメールでかけている言葉が、知らず知らずのうちにMOKA☆さんを傷つけているのではないかと反省している。

2.RAIN & PAIN

軽快な曲ではあるが、MOKA☆さんの精一杯の「強がり」を感じる。美しい「泣き顔」だってあるはず。そう言ってあげたい。

3.STATION OF THE MOON

この曲では、人は結局は分かりあえないような歌詞となっているが、MOKA☆さんは、本当に心からそう思っているのだろうか。なぜなら、曲調が幻想的で「交り合う」感じがするからだ。希望を見出してほしい。

4.私と私’ ~ANTINOMY~

ライブで披露された曲。文字通り「二律背反」の歌。「強がり」と「弱さ」が交錯する。私にもこの感覚は良く分かる。分かってほしいのに、素直になれない。MOKA☆さんの本心は「弱さ」の方だと思う。

5.さくらのなみだ

この曲は一部がだいぶ前からサイトで公開され、ライブでも披露された曲。和風な感じがする。これまでの曲での心の「遍歴」が、ここに収斂されている。少しだけ素直になれた心が、美しい曲を生んだ。

6.LILIUM ~Preces~, 7.LILIUM ~Phantasia~

全世界で有名になったMOKA☆さんの「LILIUM」のアレンジ。今までのアルバムに収録されたLILIUMの「重厚さ」は薄れ、幻想的な曲調となっている。

-----

全体的な印象は、「とんがった」ところが薄れて、メロディも歌詞もいい意味で「丸く」なった感じである。全般的に「内省的」で、いつも自分の内面と向き合っているMOKA☆さんだから書けた曲だと思う。

私も不安だらけな毎日を送っているが、そうであるからこそ、「大丈夫」だとどこかですがりたい気持ちがある。たしかにそれは「かなしい」が、何か一筋の「光」を感じていたい。MOKA☆さんにもそうであってほしいと思う。

曲から離れると、ライナーノーツが縦書きであるため、ライナーノーツとCDケースが右綴じ(左が開く)と、普通のものとは逆となっているのが面白かった。ライナーノーツも挿絵が絵本風で、個性が感じられた。

MOKA☆さん、新アルバムのリリース、本当におめでとうございます。そして、お疲れ様でした。

「スマイルプリキュア!」第44話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

みゆきの最後の当番回。彼女がいつも「スマイル」でいることの秘密に触れたお話でした。

小さい頃は引っ込み思案だったみゆき。両親の都合で、おばあちゃんの家に預けられていた時、森の中で出会った少女が、みゆきに「スマイル」の大切さを教えてくれました。夏休みにおばあちゃんの家に行った時もそうでしたが、みゆきは、なにか「不思議な力」を引き寄せるものを持っているのかもしれません。だから、プリキュアにもなれたのでしょう。

今回は、ウルフルンの「お前らはいったい何なんだ」と、みゆきの「あなたたちはいったい何なの」という、字面では同じ言葉の対照が印象的でした。まっすぐな心でぶつかってくるプリキュアを理解できないウルフルンと、そうしたことを憎む心が理解できないプリキュア。また、ウルフルン自体に「迷い」のようなものが生じ始めています。

今は両者は平行線ですが、どこかで交ることができるのでしょうか。年明けからは、タイトル通り「終わりの始まり」の戦いが始まります。

2012年12月16日 (日)

「スマイルプリキュア!」第43話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

れいかさんの留学が決まりますが、その「道」が本当に自分にとって正しい道なのか、悩むお話でした。

れいかさんは、他の4人と比べて「隙」のほとんどない人ですから、やはり物語としては、今回も少し決着が難しかったように思います。

16話でも一度、れいかさんは自分の「道」に迷っています。その時は一旦「全部やめてみる」ことで、他の4人の行動を観察し、自分とどう違うのかを考えていました。でも、その時は、結論は明確に出ずに、今は迷いながらでも頑張ってみるということでした。

れいかさんと他の4人との大きな違い。それは、やはり「自分のしたい」ことに素直であるか否かということだと思います。もちろん、それが単なる「わがまま」であってはなりませんが、したいことや目標が本当に自分にとってそうなのかどうかを、しっかり見極めなければ、後に悔いを残すことになるのです。

また、留学を希望したのが1年生の時だったことも、示唆に富んでいます。その頃のれいかさんは、気の置けない友達が少なかったことが分かります。まだビューティとして覚醒する前、他の4人の様子を陰で見守っていたのも、仲間というものがうらやましい気持ちがあったから、と考えれば納得できます。

それに、れいかさんが留学を戸惑う大きな理由の一つが「プリキュアをやめなければならないこと」でした。でも、彼女にとって「プリキュアでありつづけること」は、やはり「人から期待されている」こと、「誰かのために役立とうとする」ことであって、「本当に自分のため」なのかと言えば、そうではなかったわけです。

今回ジョーカーの執拗な精神攻撃の末に、れいかさんは、本当に自分のしたいこと、自分がこうでありたいということは、「仲間といっしょにいたい」ということであることに気づきました。「プリキュアという使命感」は、「仲間といっしょにいる」ことの上にあるものであってその反対ではない、「仲間がいるからプリキュアとして頑張れる」ということを、れいかさんは気づくことができたのです。

演出的には「光」を効果的に使い、またそれに映えるように作画も「エッジ」の利いた描線で描かれていました。アカンベエのモチーフがビューティ初変身の時と同じ「鏡」であったことや、戦闘中のBGMが、れいかさんのキャラソン「あなたの鏡」であったことも、非常に印象的でした。

あまりまとまらなくてすみません。。。

次回は最後のみゆきの当番回です。みゆきの「笑顔」にはどんな秘密があるのか、明かされることになります。

2012年12月 9日 (日)

「スマイルプリキュア!」第42話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

なおのきょうだい・家族を思う気持ちが、彼女の名前通りまっすぐ届く回でした。

なおはきょうだいを守ろうと必死に戦いました。でも、戦闘が終わった後に、「怖かったよぉ」と泣きじゃくったのが、それとは対照的に非常に印象に残り、涙を誘いました。長姉としてきょうだいを守らなけらばならない、という「使命感」みたいなものが、そういう「弱気」な心を知らず知らずに心の奥底に沈めていたのでしょう。

そんななおを抱きとめ「大丈夫だよ」と慰めたみゆき。みゆきはプリキュアチームの「リーダー」としてみんなを引っ張っていくというよりも、人の心に寄り添うことのできる本当に優しい子だと思いました。

それにしても、マジョリーナは容赦がありませんでしたね。今までのシリーズでも珍しいくらいの「本気」ではなかったでしょうか。

三幹部が倒れ(というかどこに姿を隠しているのでしょう)、ジョーカーが残りました。次回はれいかとの「頭脳戦」ということになりそうですが、決着はつくのでしょうか。

2012年12月 2日 (日)

読書記録:10月中旬から11月下旬に読んだ2冊

最近、読むペースが完全に落ち、頭に入ってこない。読んだ記録のみ残す。

・吉本ばなな「もしもし下北沢」(毎日新聞社2010/幻冬舎文庫2012)

父の心中という拭い去りがたい過去を乗り越えていく過程がよく分かったのに、最後の最後になってとった「よしえ」の行動の意味が測りかねて、もやもやが残った読後感だった。

・雫井脩介「クローズド・ノート」(角川書店2006/角川文庫2008)

前半の万年筆についての「うんちく」は、はっきりいっていらない。伊吹先生の遺したノートの内容の面白さと香恵の恋がよくなじまなくてもったいない感じがした。

「スマイルプリキュア!」第41話 ベリーベーリーベリーショートインプレッション

今日はやよいメインのお話でした。やよいの成長物語の集大成でしょう。

やよいはこれまでのお話では、プリキュアとしては、自分が憧れの「ヒロイン」になれたこと自体が嬉しくて、正直あまり「役に立っていない」感じでした。でも、その「憧れ」とは、心の奥底に小さい時からずっと温めてきた、自分の「なりたい姿」であったという訳です。ずっとその「憧れ」を今回、ひょんなきっかけで「表現する」ことによって、自分で再認識したということでしょう。

マンガを描くことについて、やよいは自分一人でやり抜くことに決めました。プリキュアは、だいたい「みんなで協力する」ことの大切さを説くお話が多いのですが、「みんなで協力する」ためには、協力される側自らがまずゆるぎない信念を持って努力をしなければならないのです。その姿を見せれば、自然と協力する人が現れるというのが、最後の戦闘シーンで、仲間が駆けつけてきたことに表わされているように思うのです。

ところで、今回は全体に画面がイチョウ並木などで、やよいのシンボルカラーである「イエロー」が眩しく、また暖かい光を放っていました。やよい自身の描かれ方にも「愛」が感じられるほど、可愛らしい感じがしました。

私は今、勤めている会社の転換点に立ち会うことになり、非常に不安に駆られています。やよいを見習って、自分にできることを一歩ずつやっていこうと思います。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック