« 読書メモ:4月から5月中旬に読んだ5冊 | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第16話までのインプレッション »

2013年5月19日 (日)

読書&映画メモ:「県庁おもてなし課」

有川浩氏は今、売れに売れている作家である。作品はことごとく映像化され、現に今、「図書館戦争」(昨年はアニメ、今年は実写)と「県庁おもてなし課」が同時期に映画公開され、「空飛ぶ広報室」はTVドラマが放映されている。

私はそれほど熱心な氏の読者ではないし、代表作の「図書館戦争」を読んでいないほどであるが、それでもいくつか読んで面白かったので、「県庁おもてなし課」を読んだ後すぐに映画を観に行った。

小説では、冒頭のたよりない「おもてなし課」の掛水と、氏の分身である吉門との掛け合いが非常に面白かった。映画パンフレットの氏のインタビューにもあったが、吉門のいらだちは、そのまま氏のいらだちだったのだろう。映画では、あまりそれがなかったのが残念だった。

映画は小説をなぞってはいるのだが、前述のことを含めいくつか残念だったところがある。それは、清遠の扱いである。小説では、清遠が休日のたびに、掛水と多紀を連れまわすことになっているが、映画では二人だけで「デート」という形になっている。その分、小説での二人が惹かれあっていく過程の描写の希薄さを補っていることにはなるのだが、映画では結局、清遠がおもてなし課に何を残したのかが分からなくなってしまった。まあ、清遠を演じた船越英一郎の「豪放磊落さ」と「すごみ」は光っていたが。

それと映画では、おもてなし課が何をなし得たのかが全く分からない。小説では、ガイドブックなどを作り、吉門がその努力を認めているのだが、そこまで映画も描いてほしかったところである。

映画にも良かった点はある。先に書いたような掛水と多紀に加え、吉門と佐和の恋の行方も良く描けていた。このあたりは小説では唐突感があったので、上手く補われた感じだ。最後のテレビへの突然の掛水の出演についても、小説での「対談」という形よりもしっくりきた感じだった。

私としては、小説と映画を両方楽しんで、完結した感じがする。読後感、鑑賞後感はとても爽やかだった。

« 読書メモ:4月から5月中旬に読んだ5冊 | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第16話までのインプレッション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/57416090

この記事へのトラックバック一覧です: 読書&映画メモ:「県庁おもてなし課」:

« 読書メモ:4月から5月中旬に読んだ5冊 | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第16話までのインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック