« 「ドキドキ!プリキュア」第20話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第22話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2013年6月23日 (日)

「ドキドキ!プリキュア」第21話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

あんなに我がまま放題で周囲を振り回していたレジーナが健気で純粋で。。。

キングジコチューの娘、というのは本当だったのですね。自分の「パパ」と「友達」であるプリキュアたちの間で揺れ動く気持ちが悲痛でした。

今回のキングジコチューとレジーナの関係、マイルドにしているけれど、一種の「児童虐待」のイメージかなと思いました。自分の思う通りにならない子どもに対して容赦なく暴力をふるう親と、親の「愛」を十分に得られずとも慕う気持ちがある子どもという関係です。

レジーナは帰る場所がなくなってしまいました。次回からはマナの家で一緒に暮らすことになるようです。レジーナはこれから家族の愛というものをたくさん受けていくことなるのでしょうが、それが実の親からではないことが悲しみを誘います。そのようなことから、一つの「社会批判」を含んでいるように思いました。

そして、先週の予告から1ヶ月はかかると思っていた新戦士が、唐突に来週誕生します。予告を見る限り、「キュアエース」と名乗るその戦士は、外見は王女様に似ていますが。。。レジーナの身にも何か変化があるようですし。果たして正体は誰なのでしょうか。

<追記>

ドキプリは「愛」がテーマだとは言え、ちょっと「愛」という言葉を多用しすぎな気がします。二人がピンチになってレジーナがドキドキする気持ちが何かをハートに尋ねた時、「それは愛だよ」とエンディングの歌詞の一部で答えましたが、どうも薄っぺらく聞こえるのですよね。良いシーンだったと思うだけに、別の表現がなかったのかと残念に思いました。

« 「ドキドキ!プリキュア」第20話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第22話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/57649067

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドキドキ!プリキュア」第21話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「ドキドキ!プリキュア」第20話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第22話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック