« 「ドキドキ!プリキュア」第21話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第23話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2013年6月30日 (日)

「ドキドキ!プリキュア」第22話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

物語の前半は楽しく優しい雰囲気だったのに、レジーナが、レジーナがぁっ!!!

「愛」を知ったことで素直で可愛らしくなったレジーナが、再びキングジコチューの力で闇堕ちしてしまいました・・・・ うああん!(> <)

----

気を取り直して。

いろいろと気になる点があります。

まず、レジーナがマナの家族の中の良さを見た時や、みんなとピクニックにでかけ一緒に遊んだ時に感じた「胸の痛み」のことです。

演出的にはレジーナだけ引きのアングルだったので、一種の「疎外感」を受けたのかもしれません。マナの家族も、プリキュアたちも、初めから自分の「友達」だったわけではありません。仲間になれたことは嬉しいけれど、もう出来上がってしまっている関係の中に新たに入っていくことの難しさを示唆しているように感じます。

二つ目は、レジーナが小さかったころの、父親であるキングジコチューとの思い出が「ぼんやりしている」ということです。何らかの記憶の操作がされている可能性があります。

三つ目は、レジーナの「胸の苦しみ」について、キングジコチューが「愛を知ったからだ」と答えたことです。ということは、キングジコチューは「愛」を知っているということになります。愛を知っているのに、なぜ「ジコチュー」になったのかが、今後の重要なカギになりそうです。

-----

プリキュアたちは再び闇堕ちしてしまったレジーナを浄化しようとラブリーフォースアローを打ち込もうとしましたが、ハートがためらってしまいました。友達になれたレジーナを「攻撃」することができなかったのでしょう。そこで、レジーナは「偽りの愛の戦士プリキュア!」と言って攻撃をしました。その衝撃はプリキュアの変身を解いてしまうものでした。絶体絶命となった時、そこに現れた深紅の戦士。今日はここでお話が終わりました。

-----

レジーナは結局、新戦士ではありませんでした。私的にはかなり残念です。ということは、再びレジーナ奪還のためにマナたちは行動するでしょうが、闇堕ちしてしまったことで今まで以上に苦しい戦いになることでしょう。レジーナの言う「偽りの愛」という言葉が、キーワードになりそうです。本当の「愛」とは何なのか、それをマナたちは見付けることができるのか、注目です。

« 「ドキドキ!プリキュア」第21話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第23話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/57694987

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドキドキ!プリキュア」第22話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「ドキドキ!プリキュア」第21話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第23話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック