« 「ドキドキ!プリキュア」第26話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキプリキュア!」第30話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2013年8月 4日 (日)

「ドキドキ!プリキュア」第27話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

キュアエースこと亜久里の不明点が多く明かされた回でした。

エースはすでにジコチューとの戦いに敗れているとのことです。ということは、亜久里は今小学4年ですが、少なくともマナたちがプリキュアになる1年くらい前のことではないかと考えると、かなり小さい時に戦っていたことになります。

また変身のパートナーは最初からアイちゃんでした。エースが敗れてから卵に戻ってしまったとのことでした。

それから、「思いの強さ」によって成長変身しているのですが、活動限界が5分しかないということ。これは最大の弱点です。

-----

・・・というようなことが語られましたが、まだまだ謎が多く残されています。

亜久里は「こちらの世界」でプリキュアになった、と言っています。「こちらの世界」は既にジコチューの侵略を受けていたことになりますが、トランプ王国との関係がまだ分かりません。

というのは、亜久里はマナたちが集めた「ロイヤルクリスタル」の力で変身します。ジョー岡田は集まった時に「最後の切り札」が現れると言っていましたが、もしそれがトランプ王国に伝わる伝説だとすれば、既に「こちらの世界」で戦っていたエースとの関係がよく分からなくなるのです。

それに、エースは敗れているのに、「こちらの世界」はまだ滅亡に至っていません。「相打ち」でジコチューは引き下がったのでしょうか。

そして、アイちゃんは亜久里の元々のパートナーでした。ということは、アン王女=アイちゃん説も何だか怪しくなってきました。

亜久里が「おばあさまだけは傷つけたくない」と言っていました。身内に何かあったような口ぶりです。マナの最後の決意で、思い出したようにレジーナの名前が出てきましたが、私のない頭を振り絞って考えるに、亜久里とレジーナは双子の姉妹で、亜久里(エース)が以前に敗れた時に、引き離されたのではないかと想像してしまいました。また、両親の描写がないのも気になりました。

---

ますます謎が謎を呼ぶような展開になりましたが、今まで「生意気」に映った亜久里の可愛らしさがよく表現されていた回でもありました。

それからOPやアイキャッチがマイナーチェンジ(エースや亜久里、レジーナが登場)し、EDが新曲に変わりました。新EDは、いっそう派手なステージになり、CG臭さもますます薄まった感じがします。

« 「ドキドキ!プリキュア」第26話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキプリキュア!」第30話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/57925572

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドキドキ!プリキュア」第27話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「ドキドキ!プリキュア」第26話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキプリキュア!」第30話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック